エマ・ヤング36歳。3人のシングルマザー。2014年5月に乳がんと宣告。その後、骨に転移。治る見込みはないと言われた。だが、彼女には15歳を筆頭に3人の子供がいる。泣いている暇はない。

あとどのぐらい自分は生きられるのだろうか。自分が逝ってしまったあと、残された子供たちはちゃんと育ってくれるだろうか。将来への不安をエマは綴った。

2013年11月に小さなしこりに気付く

出典 http://www.mirror.co.uk

「去年、病院で乳がんだと宣告された時には、ショックだったけど頭の片隅にやっぱりね、っていう気持ちがあったわ。しこりができていたもの。」しかし当時は初期と言われた。

「でも数カ月後に出血したの。ひどい出血で慌てて緊急外来に行ったわ。その後すぐMRI、CTスキャン、超音波検査、輸血をしてもらったの。」体調不良に取り乱してその時の記憶はあまりないという。

骨に転移がわかり末期がんに

出典 http://www.mirror.co.uk

「当時付き合っていたフィアンセはアフガンの兵士だったの。だからほとんどイギリスにはいなかったわ。私は結婚していないし、正式な家族じゃなかったからジョンも私に会いに戻っては来られなかったの。」

しかし、深刻な病状であることを告げたエマとジョンは去年8月に結婚。ジョンがエマを支えていくと思われたが、12月に離婚。「彼には私のがんは重すぎたみたい。色んなことが起こり過ぎて、私は自分のがんに対応するのが精いっぱいで彼をサポートできなかった。子供の前では普通に振る舞っていたのもハードだったわ。」

シングルマザーでがん末期はハード以外のなにものでもない

出典 http://www.mirror.co.uk

エマには15歳のグレイシー、10歳のルイス、8歳のデイジーがいる。「子供たちの前で涙は見せたことはないわ。3人はまだまだ私が必要な年齢だし、自分のがんのことで落ち込んでソファで丸まって泣いてる暇なんかないわ。」

「でも、やっぱり辛い時もある。」

出典 http://www.mirror.co.uk

「子供たちを学校に送りだした後とか子供たちが寝た後とか、1人になるとどうしても耐えられなくなる時があるわ。つい時折一人で泣いてしまうこともあるわ。」

3人の子供のシングルマザーとして子育てに一人で関わっていかなければならないハードさと、治る見込みのない末期がん。泣く暇もないほど忙しい毎日の中で、やはりふと気持ちが緩むこともあるのだろう。

自分のがんを知って弟はうつ病に

出典 http://www.mirror.co.uk

「私のがんを知った家族はみんな落ち込んだわ。弟なんてうつ病になってしまったの。母も私が先に逝ってしまうから相当辛いみたい。」エコー検査でエマの心臓に小さな穴が見つかった。

そして化学治療で更に心臓にダメージを与えてしまった。「これ以上何にどう耐えろっていうのかしらね。」

「その時」のことを考えると本当に辛い

出典 http://www.mirror.co.uk

今はとにかく疲れやすいので仕事はできないというエマ。3人の子供たちは母親に託すことになっているが、そのためにノートに書き留めているという。「子供たちの生活のルーティーンとか、好きな食べ物とか。」

「書いていて、ふと、私が逝く時のことを思うと本当に辛くなる。だけど死ぬ前にやっておかなきゃいけないことがたくさんあるのよ。」

毎日祈ってる「あと5年は生きたい」って

出典 http://www.mirror.co.uk

「もしあと5年生きられたら、子供たちも少し成長するわ。下のデイジーなんてまだ8歳だし、私がいなくなったら甘えっ子のあの子には耐えられないんじゃないかって心配よ。」

今はエマと子供たちは地元のホスピスからのサポートを受けている。「がんじゃなかったら、って思うわ。そしたら家族で幸せに暮らせたのに、って。」

「今でも夫がここにいてくれたら、って。娘が怒りっぽくならなかったら。弟がうつ病にならなかったら。色んなことを思うわ。がんになったのは私のせいじゃないけど、でもその事実がみんなの心を不安にさせてしまったのよ。」

出典 http://www.mirror.co.uk

「がんになったみんなへ伝えたいことは、これからの人生がジェットコースターよ。もし誰かがサポートを申し出てくれたら遠慮なく受けて。自分に優しくして。愛する人との毎日を大切にして。がんはとても孤独な世界よ。でも、それを受け入れて自分を変えるしかないの。」

言葉にするとエマは強い精神力の持ち主なのだろうと思ってしまいがちだ。しかし、3人のシングルマザーでも一人の人間だ。自分の死を目の当たりにして、きっと私たちには計り知れない色んな思いや辛さ、悲しみがあるのだろう。

がんになった人も、何かの病気になっている人も、そして今健康な人も、大事なことは1日1日を大切に過ごさなければいけないということだ。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス