波乗り介助犬 リコシェ!

出典 http://www.surfdogricochet.com

波乗り介助犬をご存知でしょうか?今回ご紹介するのは、ハンディキャップのある人々のために働くリコシェ。傷ついた人々に希望を与え、心の支えとなった世界でただ一匹の 「波乗り介助犬」なんです。

やんちゃすぎて一度は介助犬失格のレッテルを貼られてしまったリコシェの自分らしく人々に寄り添う姿は心に深い傷を負った人々。そして、その家族や周りの人たちの心を癒していくのです。

出典 http://www.surfdogricochet.com

生まれた時から介助犬の才能があったリコシェは訓練プログラムでも素晴らしい成果を見せていましたが、鳥をみると追いかけてしまう犬の本能がどうしても治せず介助犬失格となってしまいました。

出典 http://www.surfdogricochet.com

しかし、ここで諦めなかったドッグトレーナーのジュディ・フリドーノさんはリコシェに「何ができないか」ではなく「何ができるのか」に目を向けたのです。そこで気がついたのはリコシェの持ってるずば抜けた平均感覚!

「水が好きなら水と遊ぶ仕事をすればいい」と思い立ったのです。その日からリコシェの波乗り介助犬としての訓練が始まりました。

波乗り介助犬リコシェ誕生!

出典 http://www.boredpanda.com

出典 http://www.boredpanda.com

抜群の平衡感覚で見事サーフボードを乗りこなすリコシェ!まさに才能開花ですね!

初めての仕事は・・・

出典 YouTube

このお話はテレビでも放送されたので、ご存知の方も多いと思われます。リコシェの波乗り介助犬としての初仕事は・・・四肢麻痺の15歳のサーファー、パトリック君の為の募金活動!

パトリック君が落ちないように後ろに乗ってバランスを取ってあげたり、もしも落ちてもリコシェはパトリック君の傍にいてあげられるし。リコシェはとっても活躍しなんと$10.000以上の募金をパトリックの為に集めたのです。

出典 http://www.boredpanda.com

穏やかで人懐っこいリコシェは大人も子供もすべての人々の心を癒してます。「サーフィンがしたくてもハンディキャップが有り諦めていた。けれど、リコシェのお陰で楽しくサーフィンを楽しめるようになり人生が楽しくなった」と言います。人々の人生を変え、彼らに寄り添い感動を与え、何でも"可能"なんだって事を気づかせてくれるリコシェ♩今日も楽しくサーフィンを通し人々に笑顔のギフトを届けていることでしょう。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス