8月に入り、ますます続く猛暑で、食欲も無くなっている方も多いのではないでしょうか?長野県の小諸市動物園では「流しそうめん」ならぬ「流しアジ」が始まったそうです。とは言っても、これは人間用ではなく、ペンギン達の食事の話です。雨どいを利用した台を使い、流しそうめんの様に流れてゆくアジを、フンボルトペンギン達が上手にツルっと食べる姿が見られます。

この「流しアジ」ですが、1年ほど前から雨どいの台に慣れる練習を始めて、今回お披露目となったそうで、なかなかキャッチできない子、上手に食べる子、そして一番下で待機して、ちゃっかり落ちてくるアジを食べている子と、それぞれ個性が出ていて、見ているとその可愛らしさに、思わず暑さを忘れて微笑んでしまいます。

小諸市動物園のFBでは、流しアジの様子が動画で紹介されています。この動画は、練習段階の動画だそうですが、現在は雨どいをこの倍の長さにして、アジを流しています。

フンボルトペンギンの「流しアジ」は、8月中の毎週土曜日と日曜日、11時30分~11時45分に行われる予定です。「流しアジ」を堪能する可愛いフンボルトペンギン達に、会いに行ってみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス