空と雲と河口湖…世界遺産の富士山を列車から眺める

赤色の外観がレトロな雰囲気を漂わせる富士登山電車

うだるような暑さが続いている今年の夏…クーラーで冷えた室内で過ごすのもいいですが、避暑地と夏の思い出を求めて富士山を見に行ってはいかがでしょう?

でも実際富士山を見に行くって登山するってこと?それとも富士山を見れる絶景スポットがあるってこと?
ところが電車でコトコトとゆっくり涼みながら富士山を満喫できる方法があるんです!
それが富士登山電車!

ちょっとレトロな赤色の外観が可愛らしい富士登山電車は大月駅~河口湖駅間を運行。
約55分の乗車時間の間にはのお楽しみが盛りだくさん!

木の内装が落ち着く。ソファの柄も凝っています。

座席は上記のような窓に面した席もあれば、二人掛けが向かい合った席もあったりと、どこに座ろうかと迷ってしまいます。他にも風景を楽しめる展望ロングベンチなどもあるので、自分のお好みによって座席を選ぶワクワク感もあります。

富士山や鉄道に関する書籍を並べたライブラリーも!

上記の本はお好きなものを取って読むことが出来るので、これであなたも更に富士山・鉄道マニアになれるかも・・・?!

徹底的に富士山を楽しんでもらうために考えられたサービスに脱帽

外装や内装の他にも、車内アナウンスでも富士山の絶景ビューポイントを教えてくれたり、富士山にまつわる歴史背景を説明してくれたりととても興味深いです。
しかも外人のお客様も多いことからか、きちんと英語での説明もあるので外国人の方でも安心して楽しめますよね。
また、四季折々の富士山の姿をこの富士登山電車から眺めると、違った楽しみ方があると思うと更にワクワク感が止まらないです。

この夏休み、そして秋の紅葉と富士登山電車で富士山を眺めてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

なかぁた このユーザーの他の記事を見る

映画好きライター。東京都出身の帰国子女。アメリカ、奈良、千葉、福岡を転々する。
趣味は映画鑑賞、読書、美術鑑賞、演劇、ライブ、フェス。
ライターのご依頼はmarikonakata.sw@gmail.comまで!。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • カルチャー
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス