「列車に乗ってどこかへ行きたいけど、カネがない」

「たまには遠回りしたいけど、できるだけ安いルートにしたい」

そうお考えの皆様、大人運賃100円台で列車のミニトリップができることを御存知ですか。

■JR東日本は、Suicaの普及で近郊区間が拡大

JRグループの東京、新潟、大阪、福岡の各地区には、「近郊区間」があり、どんなに遠回りをしても、運賃は最短距離で計算されるのが特徴です。エリア内なら同じ駅を2度通らない、途中下車しないのが条件です。難点は乗車距離が101キロ以上でも、乗車券は乗車日当日限り有効であることです。

特にJR東日本は、Suicaエリア拡大の影響もあり、東京―いわき間の距離が215.2キロ(営業キロ)、運賃3,670円でも途中下車ができません。同区間で途中下車したい場合、2つのパターンがあります。

○パターン1

いわきの隣駅となる草野(常磐線)、赤井(磐越東線)までの乗車券を購入(いずれも乗車券は3日間有効、運賃は4,000円)。

○パターン2

みどりの窓口や旅行代理店で乗車券を購入する際、東京―上野間は東北新幹線経由にします。新幹線は近郊区間に含まれていないので、101キロ以上の乗車券でも途中下車できます。新幹線経由の乗車券を購入する場合、新幹線特急券を同時購入する義務がないので、同区間は在来線を利用しても問題はありません。東京都区内―いわき間の運賃も3,670円のままです。

ここからは、各近郊区間を大人運賃100円台で “もっとも長い大回り乗車”できるルートを御紹介しましょう(ダイヤは2015年3月14日時点)。

1-1.JR東日本東京近郊区間大回り乗車(平日用)

東京442(東海道本線〔京浜東北線〕、根岸線:各駅停車大船行き463A)→550大船604(東海道本線:普通電車沼津行き321M)→615茅ヶ崎626(相模線、横浜線:各駅停車八王子行き667F)→748八王子800(八高線:各駅停車川越行き875E)→849高麗川907(八高線、高崎線:普通列車高崎行き233D)→1040高崎1130(上越線、両毛線:普通電車小山行き449M)→1318小山1403(水戸線:普通電車友部行き751M)→1508友部1514(常磐線:普通電車〔取手から快速〕上野行き428M)→1627我孫子1647(成田線:各駅停車成田行き867M)→1728成田1741(成田線:各駅停車千葉行き1370M)→1755佐倉1758(総武本線:各駅停車銚子行き371M)→1825成東1828(東金線:各駅停車大網行き660M)→1851大網1858(外房線:各駅停車勝浦行き285M)→2003勝浦2035(外房線:各駅停車安房鴨川行き5267M)→2103安房鴨川2113(内房線:各駅停車千葉行き1146M)→2335蘇我2339(京葉線:各駅停車東京行き2310Y)→026八丁堀

1-2.JR東日本東京近郊区間大回り乗車(土休用)

東京442(東海道本線〔京浜東北線〕、根岸線:各駅停車大船行き463A)→550大船604(東海道本線:普通電車沼津行き321M)→615茅ヶ崎626(相模線、横浜線:各駅停車八王子行き679F)→739八王子800(八高線:各駅停車川越行き877E)→854高麗川907(八高線、高崎線:普通列車高崎行き233D)→1040高崎1130(上越線、両毛線:普通電車小山行き449M)→1318小山1403(水戸線:普通電車友部行き751M)→1508友部1514(常磐線:普通電車〔取手から快速〕上野行き428M)→1627我孫子1647(成田線:各駅停車成田行き867M)→1728成田1741(成田線:各駅停車千葉行き1370M)→1755佐倉1758(総武本線:各駅停車銚子行き371M)→1825成東1828(東金線:各駅停車大網行き660M)→1851大網1858(外房線:各駅停車勝浦行き285M)→2003勝浦2035(外房線:各駅停車安房鴨川行き5267M)→2103安房鴨川2103安房鴨川2113(内房線:各駅停車千葉行き1146M)→2335蘇我2340(京葉線:各駅停車東京行き2310Y)→026八丁堀

【営業キロ:692.2キロ(換算キロを含めると702.8キロ)。所要時間:14時間44分。10円単位運賃:大人140円、子供70円】

○POINT

東京4時42分発の根岸線直通、各駅停車大船行き463Aは、6番線から発車する「京浜東北線」の電車です(「京浜東北線」は電車系統名称です)。大船で東海道本線普通電車沼津行き321Mに乗り換えとなります。かつては普通電車静岡行き321Mで、JR東海373系特急形電車使用という“乗りドク列車”でした。

外房線の各駅停車安房鴨川行き5267M(東京―勝浦間は特急〈わかしお17号〉67M)は、E257系500番代特急形電車を使用しているので、普通乗車券だけで利用できる“乗りドク列車”です。

京葉線の各駅停車東京行き2310Yになんらかの理由で乗り遅れた場合、次の各駅停車東京行き2428Yに乗り換えます。蘇我発車時刻は0時00分です。

ここで注意していただきたいのは、同線千葉みなと―蘇我間は、電車特定区間(運賃は幹線より安い)に入っていないこと。青春18きっぷ利用の場合、蘇我で1日分の利用が終了となり、改札で次の日付印を押してもらうか、八丁堀までの普通乗車券を購入しなければなりません。

2.JR東日本新潟近郊区間大回り乗車

新潟1120(越後線:普通電車吉田行き1932M)→1220吉田1233(弥彦線:普通電車東三条行き235M)→1252東三条1305(信越本線:普通電車新潟行き439M)→1334新津1419(羽越本線:普通列車新発田行き129D)→1447新発田1457(白新線:普通電車新潟行き656M)→1526東新潟

【営業キロ:119.7キロ(換算キロを含めると124.3キロ)。所要時間:4時間06分。10円単位運賃:大人190円、子供90円】

○POINT

新潟近郊区間はエリアが狭いため、少々遅い時間でも大回り乗車ができます。早起きが苦手な人にオススメのコースといえます。

3-1.JR九州福岡近郊区間大回り乗車(平日用)

博多1006(鹿児島本線:快速荒尾行き4229M)→1026原田(はるだ)1052(筑豊本線:普通列車桂川行き6624D)→1121桂川(けいせん)1133(筑豊本線:快速直方行き4628H)→1142新飯塚1147(後藤寺線:普通列車田川後藤寺行き1551D)→1207田川後藤寺1218(日田彦山線、日豊本線:普通列車小倉行き950D)→1314西小倉1335(鹿児島本線:快速荒尾行き4249M)→1440吉塚

3-2. JR九州福岡近郊区間大回り乗車(土休用)

博多1009(鹿児島本線:快速久留米行き3391M)→1033原田1052(筑豊本線:普通列車桂川行き6624D)→1121桂川1133(筑豊本線:快速直方行き4628H)→1142新飯塚1147(後藤寺線:普通列車田川後藤寺行き1551D)→1207田川後藤寺1218(日田彦山線、日豊本線:普通列車小倉行き950D)→1314西小倉1335(鹿児島本線:快速荒尾行き4249M)→1440吉塚

【営業キロ:161.4キロ(擬制キロを含めると168.5キロ)。所要時間:平日4時間34分、土休4時間31分。運賃:大人160円、子供80円】

○POINT

福岡近郊区間も新潟近郊区間と同様に、日が明るいうちに大回り乗車ができます。ただし、筑豊本線原田―桂川間は運転本数が少ないため、要注意。

4-1. JR西日本大阪近郊区間大回り乗車(平日用)

大阪804(大阪環状線、関西本線、阪和線:紀州路快速4119M、4519H)→939和歌山951(和歌山線、桜井線:各駅停車奈良行き440T、546T)→1258奈良1320(関西本線:大和路快速3378K)→1334加茂1342(関西本線:普通列車亀山行き238D)→1438柘植1501(草津線:普通電車草津行き5367M)→1546草津1550(東海道本線、北陸本線:新快速米原方面長浜行き3476M)→1635長浜1639(北陸本線:普通電車近江塩津行き143M)→1704近江塩津1715(湖西線:普通電車近江今津行き4846M)→1735近江今津1743(湖西線、東海道本線:普通電車京都行き1833M)→1851京都1859(東海道本線:新快速姫路方面網干行き3517M)→1922新大阪

4-2.JR西日本大阪近郊区間大回り乗車(土休用)

大阪806(大阪環状線、関西本線、阪和線:紀州路快速4119M、4519H)→942和歌山951(和歌山線、桜井線:各駅停車奈良行き440T、546T)→1258奈良1320(関西本線:大和路快速3378K)→1334加茂1342(関西本線:普通列車亀山行き238D)→1438柘植1501(草津線:普通電車草津行き5367M)→1546草津1550(東海道本線、北陸本線:新快速米原方面長浜行き3276M)→1635長浜1639(北陸本線:普通電車近江塩津行き143M)→1704近江塩津1715(湖西線:普通電車近江今津行き4846M)→1735近江今津1743(湖西線、東海道本線:普通電車京都行き1833M)→1851京都1859(東海道本線:新快速姫路方面網干行き3317M)→1922新大阪

【営業キロ:462.9キロ(換算キロを含めると473.4キロ)。所要時間:平日11時間18分、土休11時間16分。運賃:大人160円、子供80円】

※紀州路快速は、日根野まで関空快速関西空港行きと併結。

○POINT

大阪近郊区間は、朝から晩まで汽車旅が楽しめます。難点として、和歌山―奈良間は、3時間以上ロングシートで過ごすこと。かつてはトイレすらありませんが、現在は設置されています。

近郊区間の大回り乗車は、初乗り運賃だけで行けるルートにこだわる必要はありません。この夏は列車に乗り継いでみませんか。

★用語解説

・換算キロ

JR東日本、JR東海、JR西日本の幹線と地方交通線にまたがって利用する場合、運賃計算キロは次の通りになります(JR四国、JR九州の地方交通線は、換算キロなし)。

幹線の営業キロ+地方交通線の換算キロ=普通運賃

・擬制キロ

JR四国、JR九州の地方交通線を利用する場合の運賃計算キロ。例えば、幹線と地方交通線をまたがって利用する場合、運賃計算キロは次の通りになります。

幹線の営業キロ+地方交通線の擬制キロ=普通運賃

くわしくは、『JR時刻表』(交通新聞社刊)などのピンクページを御参照ください。

★備考

この記事を書いたユーザー

岸田法眼 このユーザーの他の記事を見る

レイルウェイ・ライター。旅、鉄道、小説、時事問題、プロ野球、大相撲などをテーマに執筆。2007年1月にライターデビュー。以降、『TRAIN MODELING MANUAL』(ホビージャパン刊)、『鉄道のテクノロジー』(三栄書房刊)、『鉄道ファン』(交友社刊)、『エキサイティングマックス!』(ぶんか社刊)、ハフィントンポスト(ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン刊)などに寄稿している。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス