第3者には介入できないあなたとパートナーの関係。恋愛しているカップルも、結婚している夫婦も、喧嘩をしてもその関係のバランスが上手く取れていれば問題ないですが、どちらか片方だけがもう片方に感情を操られているような関係は危険。

今回、アメリカベースの専門家たちが6つの警告サインを発表。あなたとパートナーの関係にどれか一つでも当てはまったら要注意です!

1.パートナーはあなたの神経をすり減らす?

出典 http://www.dailymail.co.uk

パートナーとの関係でいつもあなたの神経がすり減っていませんか?パートナーの酷い態度によって傷つけられたのはあなたであるにも関わらず、謝るのはいつもあなたの方だったりしませんか?

巧みにあなたの感情を操るそんな恋愛・夫婦関係は、あなたにとって「毒」なだけ。感情の操縦が巧みなパートナーは、あなたの情緒不安定さを餌に、自分の望みをかなえるために、あなた自身の言葉を使い反撃してきます。

2. パートナーは決して謝らない?

出典 http://www.becomegorgeous.com

あなたの感情を操るパートナーは、決して謝ろうとはしません。あなたの行動や意見を正当なものとは認めず、あなたを責め、コミュニケーションを取ろうとはしません。あなたが悪くない時でも、あなたの感情に疑いを持たせようとしてきます。

3.友達や家族の前であなたをバカにする?

出典 https://efftips.wordpress.com

二人っきりの時に限らず、あなたのパートナーはあなたをどこでも侮辱しますか?友達や家族など、人の前であなたをバカにしたりするパートナーには警告です。あなたへのリスペクトもケアもない証拠です。

4. パートナーは責任転嫁が上手?

出典 http://www.lipstiq.com

このようなパートナーは、自分の言動に全く責任を持とうとしません。常に自分を正当化し、責任転嫁がとても上手です。そしてまるで自分は悪くないとでも言わんばかりにあなたの非を責め立てるのです。

5. コミュニケーションを取ろうとせず説明を避ける?

出典 http://easy1001.com

あなたのパートナーは「君には理解できないよ。」「あなたにはわかりっこないわ。」などと言いませんか?それは相手が理解できないと勝手に判断し、二人の間に最も大切なコミュニケーションを避けているのです。

なぜ、そういう言動をとったかの説明をはっきりしないようなパートナーは、あなたの神経を衰弱させる原因になるのです。

6. 自分のことだけを気にかける?

出典 http://www.lifed.com

例えば、あなたが今日仕事で嫌なことがあったとしましょう。家に帰ってパートナーに話したら、パートナーは「自分はその何倍も嫌な思いをしたことがある。」と言って自分の経験にすり替えて、自分中心に話を進めるのです。

パートナーとコミュニケーションすることに罪の意識を感じさせる、それが危険なパートナーなのです。

治療法がないこともないが…

出典 http://www.pickthebrain.com

相手の感情をコントロールするようなパートナーとの、ジェットコースターのような生活はあなたを疲れさせるだけです。そして言葉であなたを責め立てれば立派なモラルハラスメントです。

あなたがその関係を諦め、パートナーから去ろうとした時に初めて謝ってきたり、自分を変えるように努力するというのですが、あなたがそのまま関係を続ければやがて元に戻り、またその繰り返しとなるのです。

カウンセリングなどのサポートにより、感情はコントロール可能になる場合もあります。でも、あなたが今のパートナーとの関係にこの6つのどれかを感じていたら要注意です。専門家は、もっと酷くなる前に出口を見つけるべきだとアドバイスしています。

「別れたいけど今更別れられない。」人の情というのは第3者には理解しがたいもので、複雑な恋愛・夫婦関係は一筋縄ではいきません。でもあなたの心がすり減ってしまう前に、今一度あなたとパートナーの関係が、お互いの向上になるものかというのを見つめ直すことが大切です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス