あなたの恋愛、最近マンネリ化してませんか?

出典 http://wha2up.com

人が人を好きでいられる期間は何と⒓~18か月と言われているのをご存知でしょうか?つまりその期間を過ぎると段々と相手へのお熱が冷めるようにできている、というわけです。筆者と旦那の場合、出会って1年、結婚して1年ともうすぐ半年なのでもうこの期間は過ぎています。しかし、私達はマンネリ化する事もなく結構ラブラブな毎日を送っています。今回は、筆者たち夫婦や周りの友人たちの体験談などを交えてマンネリ化しないための対策を考えていきましょう!

これであなたもマンネリ知らず!?常にラブラブでいれるための5か条

出典 https://jp.pinterest.com

ではこれからマンネリ化対策のラブラブ鮮度を保つポイントをまとめていきましょう!自分達カップルがどのくらいこの条件をクリアしているか、じっくり考えてみてくださいね。

①デートの行先を変えてみる
同棲しているカップルは、両者の仕事が忙しいとついつい休みの日もお家ですごしがちですし、また同棲していないカップルでも不思議とデートの行先はいつも同じ場所になったりしませんか?男性は狩猟を好む傾向があり、常に新しい事を求めています。なので、たまには違う場所にデートで行ってみるのも、新しい刺激になると思いますよ!ちなみに筆者の旦那は結構インドア派で、出かける事自体めんどくさがるタイプですが、それでも日本で一緒に住んでた時は、スウェーデンでは体験できないイベントなどには興味を示して良く一緒に行ったものです。今現在はスウェーデン在住なのであまり娯楽がないド田舎に住んでいますが、これから生まれる子どもの準備で大忙しで、毎日が意外と新鮮です。この新鮮さを保つのが、ラブラブでいられる秘訣!というわけですね。

②自分を磨く事を怠らない
これは筆者にも言える事ですね~今は妊婦なのでついつい過ごしやすい恰好ばかりしてしまいますが、子どもが生まれたらダイエットを再開して自分磨きを怠らない様にしないといけません。先程も書きましたが男性は狩猟を好む傾向があるので、常に新しい獲物を狙っている、と言っても過言ではありません。もちろん彼らも結婚したとなると多少は大人な考えを持つ人も現れますが、それでも不倫をする人もいます。あとで後悔しないために、常にメイクや服装に気をかけて、女子力を上げていきましょう!

③相手の気持ちを常に考える事
これはマンネリ化対策だけでな区、恋愛や友達付き合いなどすべてにおいての対人関係にとっても重要なポイントとなってきますが、長年付き合ったカップルだとついつい「私はこうしてあげているのに何でこの気持ちに答えてくれないの?」など思いがちで、言葉も少なくなりがちなんです。それは、長年付き合っていると家族同様にもう空気の様になじんでしまうからなんですね。もちろんそれでいい事もありますが、家族内でも言葉にしないとわからない事もある様に、常に相手の気持ちを考えて行動しましょう。そうする事によって相手もこちらの気持ちに気づいてくれたり気遣ってくれたりするので、うまくいく事間違いなしですね!

④イベントがある時にサプライズを仕掛ける
これはむしろ男性から女性に仕掛けてほしい所ですが、悲しいかな男性はなかなかそこまで気が回りません。そこで、女性側から積極的にサプライズイベントを仕掛ける事によって、男性側も女性がサプライズが好きなんだ!と気づいてくれます。相手の誕生日やクリスマス、二人の記念日などに是非試してみては如何でしょうか?筆者も自分から仕掛けるタイプで、筆者の周りも女性から仕掛けているカップルも多いのですが、男性の反応は皆とっても良いようです!でもやっぱり女性としては男性から仕掛けられたいものですがね。

⑤自分の相手への気持ちが覚めそうになったら、相手のいいところを見つめなおそう
そして5番目にして一番大事な事ですが、相手が自分の事を好きでなくなるかもしれないのはもちろんの事、こちらも相手への気持ちが覚めてしまうリスクがります。そういう時は、初心に返り相手のどこに惚れたか、相手のどこが好きかについて考えてみるのも良いでしょう。そういう相手への気持ちがわからなくなっている時に限って別の魅力的な男性が現れたりもしますが、しっかりと自分と向き合う事が大事です。新鮮さを求めるのは男女共通かもしれませんが、当然新しい彼より今の彼の方があなたの事をわかってくれるのですから。マンネリだからって即見切りをつける前に、今一度考えてみましょうね!

これであなたもマンネリ知らずの新鮮ラブラブカップルに!

出典 https://jp.pinterest.com

如何でしたでしょうか?先程述べたラブラブの秘訣の中であなたが実践していない項目があれば、ぜひ試してみましょう!行動する事によって相手へも頑張りが伝わるものですし、きっと彼も頑張って色々と行動してくれるようになりますよ。マンネリ化に悩んでいるカップルの皆さんが、新鮮さを取り戻せますように願っています。

この記事を書いたユーザー

Ai Honda Eklund このユーザーの他の記事を見る

Amebaみんなの編集局プラチナ公式ライター。カフェトーク講師。北欧スウェーデン在住のマルチオペラシンガー兼フリーライター。イタリア在住時などの数々の経験を元に、ワールドワイドな目線で様々な記事を執筆。今年9月に生まれた待望の息子とスウェーデン人旦那と共に、スウェーデン・ダーラナの片田舎の村でひっそりと生息中。Amebloもやってるので是非遊びに来てください♪http://ameblo.jp/aihonoka/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス