記事提供:mamaPRESS

「我が子には良い環境で教育を受けさせたい」というのが親の想いですよね。特に幼稚園や小学校の『お受験』を目指すママたちは子どもよりも頑張っていることも。

しかし、お受験にはママ友同士のトラブルもありがちですよね。そこで今日は驚愕のトラブル事例について紹介します!パパ、ママ必見です。

出来がいいと気にいらない!?

とあるママ友は、自分の子どもよりもテスト結果が良い子どものママに冷たく当たり、ときに嫌味をいうことも。

そのママ友はボス格だから誰も言い返せなくて「すみません」と謝るしかなく、なんとなくモヤモヤした気分が残ったまま、お付き合いを続けていくことに違和感が…。

勝手に辞退の電話をしていた

娘が念願だった志望校に合格し、いざ入学手続きをしようとしたら、学校から「入学辞退の連絡を受けていますが…」とのこと。

辞退の電話を入れた覚えはなく、実は近所のママ友が成りすましで電話をかけていたことが発覚。自分の息子は不合格だったことから妬んでの嫌がらせでした。

ママ友の妬みはさまざまなきっかけで生まれがちです。嫉妬された側は、トラブルの原因が分からずに思い悩むことも多いようです。

エスカレートすると口喧嘩だけでなく執拗な嫌がらせを受けて身も心も傷つけられることにもなりかねません。お受験がらみのトラブルはできるだけ避けてかわすようにしたいですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス