記事提供:mamaPRESS

暑い夏、さっぱりとしたものが食べたくなる毎日に、『そうめん』の出番が多くなりますよね。

でも、実はごはん茶碗1杯のカロリー(約150g)が250kcal程度なのに対して、そうめん1人前(2束約100g)は350kcal程度と、1.4倍以上カロリーが高いのです。

でも高カロリーだからと敬遠しないで、食べ方を考えれば大丈夫!

そこで、この夏大活躍してくれるそうめんの上手な利用法とレシピをまとめてみました。正しく食べて、おいしく、健康な夏を過ごしましょう!

そうめんを食べるタイミングはいつがベスト?

オススメなのは、ちゃんと栄養をとりたい、朝食!
 
「え、朝食にそうめん?」と思われるかもしれませんが、朝ならたとえカロリーのあるものを摂っても活動エネルギーとして消化されてしまいます。一緒に薬味やビタミンのある副菜などを食べれば、栄養も完璧なんです!

カンタン時短でおいしく食べるレシピ

ここでは簡単に10分以内でできる、時短レシピを紹介します。

①キャベツ混ぜ混ぜぶっかけそうめん

出典 http://www.kyounoryouri.jp

材料(2人分)

そうめん 2束(100g)
キャベツ 1/8コ(130g)
みょうが(芯以外)2コ分
青じそ 1束
細ねぎ(半分の長さに切った下部)12本分
しょうが 20g
揚げ玉(市販)大さじ2

【A】
めんつゆ(市販/ストレート)カップ3/4
練りごま(白)大さじ2
マヨネーズ 大さじ1
すりごま(白)大さじ1

*基本、切ってゆでて混ぜるだけの簡単レシピ!最近はキャベツの千切りのパック売りや、市販されているゴマだれを使えばもっと時短できますね。

②いりこそうめん

出典 http://www.kyounoryouri.jp

材料(2人分)

そうめん 2束(100g)
いりこ(小)30g
にら 1ワ
赤とうがらし 2本

【A】
白だし(市販)大さじ6
*昆布、削り節、干ししいたけなどからとっただしに、白しょうゆやうす口しょうゆ、塩、みりんなどを加えたもの。
水 カップ5
ごま油 大さじ5
こしょう 少々

*いりこの美味しいお出汁だけじゃなくて、カルシウムも取れて、温かい『そうめん』は、夏でも肌寒い朝や冷房で冷え切った身体には最適な食事ですね。

③夏野菜のそうめんチャンプルー

出典 http://www.kyounoryouri.jp

材料(2人分)

そうめん 2束
豚ひき肉 100g
なす 1コ
パプリカ(赤)1/3コ
細ねぎ 4本
にんにく 1/2かけ
カレー粉 小さじ1/2
ごま油

醤油
塩・こしょう

*旬の夏野菜はビタミンやミネラルも豊富です。炭水化物のそうめんと一緒に摂ることで栄養価もUP!
 
また、カレー粉を使うことで、夏の暑さによる食欲不足にも効果あり。子どもも大人も楽しめるそうめんレシピですね。

忘れちゃいけない、薬味も主役

さらに、そうめんを食べるときに必要なのが『薬味』。健康にもよい、オススメの薬味をあげてみました!

・白ねぎ&ごま

ねぎの辛味は、発汗作用と疲労回復効果、ゴマは抗酸化作用や食物繊維が豊富。

・山芋&青海苔

山芋は、疲労回復、滋養強壮、青海苔はカルシウムや食物繊維が豊富。

・大根おろし&なめこ

大根おろしは、消化酵素やビタミン、なめこはぬめりのムチンという成分が栄養素の吸収をよくしたり、血糖値の上昇を抑える働きがある。

・キムチ

乳酸発酵による腸内環境の改善効果。

・ゆずこしょう

ゆずのビタミンやこしょうの辛味成分による発汗効果

もちろん、これ以外にも色々ありそうですね!

また、たとえば朝に食べるなら、あっさりねぎや大根おろし、栄養のある山芋など。夜なら、においの気になるキムチやゆずこしょうなど、アルコールのシメにもいい薬味にするなどはいかが?

食べるタイミングによって、薬味も変えて楽しみたいですね!

そうめんのプロがおすすめする保存方法や注意点!

さて、そんな美味しいそうめんですが、暑い季節はどのように保存したらいいのでしょうか?また、『そうめん』を美味しく食べるために必要な注意点などはあるのでしょうか?

『そうめん』のプロ、揖保乃糸のおすすめ保存方法をみてみましょう!

①直射日光があたらない通気性のよいところに保存

床下収納などの湿気がこもりやすい所はカビの原因に!

②常温でも、冷蔵庫でも、保管の際は容器を密閉できるものに移し変える

そうめんは他の食品のにおいを吸収してしまうので、においが移らないようにすることが重要。

③賞味期限にかかわらず、なるべく早めに消費すること

保管状態がよくなければ、賞味期限内でもおいしくない、とのこと。

いかがでしたか?知っているようで知らなかった、『そうめん』のこと。

この夏は、そうめんの時短レシピや正しい保存方法を守って、おいしくしっかり食べて、健康に過ごしてみませんか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス