私たちが当たり前のように使っている日本語。母国語なのだから話せるのは当たり前ですね。しかし、日本語は世界中の言語の中でも特に難しい言語と言われています。

なぜ、そこまで日本語が難しいのか?それは”ややこしさ”にあると言われています。では、日本語のどこがややこしいのか。次の図がそんな日本語の”ややこしさ”をわかりやすく示しています。

数の数え方のインフォグラフィック化

インフォグラフィックとは情報やデータをを視覚的に表現したものです。このインフォグラフィックを用いて日本語の”数”の数え方を現した「How To Count in Japanese」をご覧ください。

1~10までの数え方

出典 http://visual.ly

100~10000までの数え方

出典 http://visual.ly

物の数え方

出典 http://visual.ly

食事やお箸の数え方

出典 http://visual.ly

紙など数え方

出典 http://visual.ly

棒状の物の数え方

出典 http://visual.ly

動物・人の数え方

出典 http://visual.ly

日にちの数え方

出典 http://visual.ly

どれも私たちが普段よく使っているものですね。この図を見て日本語のどの部分が”ややこしい”のか気づいた方はいらっしゃいますでしょうか?

今回この図でお伝えしたかった”ややこしさ”は「助数詞」です。助数詞とは数を表す語の後ろに付けてどのような事物の数量であるかを表す語要素のことです。日本語はこの助数詞が約500種類あると言われています。英語には助数詞がないので英語圏の人たちが日本語を覚える上で、助数詞の壁は高いのではないでしょうか?

この助数詞は厄介なことに種類が多いだけではなく読み方が変わるんです。たとえば「百の位」の場合、100は「ヒャク」、200は「ニヒャク」となります。これが300になると「サンビャク」になります。「ヒャク」ではなく「ビャク」に変わるのです。さらに600になると「ロッピャク」と「ピャク」となります。一つの助数詞で「ヒャク」「ビャク」「ピャク」と3種類の読み方があるわけです。

「匹」の場合は1匹は「イッピキ」、2匹は「ニヒキ」、3匹は「サンビキ」と「ヒキ」「ビキ」「ピキ」と3種類あります。棒でも1本は「イッポン」、2本は「ニホン」、3本で「サンボン」と同じく「ホン」「ボン」「ポン」と3種類あります。素直なのは紙くらいです。1~10までいってもすべて「マイ」のみです。

まだまだあります。日本語学習で心を折られる場面

助数詞の多さも要因ではありますが、日本語学習には他にも”ややこしい”部分があります。

1、自動詞と他動詞

自動詞と他動詞と聞いてすぐに説明できますか?

では「ドアを開ける」場面で説明します。自動詞の場合「ドアが開く(ひらく)」になります。つまりドアが”自動”に開いた状況ですね。これが他動詞になると「ドアを開ける(あける)」になり、誰かがドアを開けた状況になります。つまり、一つの動作に対して二つの動詞を使い分けなくてはなりませ。

英語の場合は
The door opend.(そのドアが開きました)
I opend the door.(私はそのドアを開けました)
と「opend」という一つの動詞だけでいいのです。
※英語でも全く自動詞と他動詞がないわけではないですが、かなり稀です。

2、授受表現

授受表現とは「あげる」「もらう」「くれる」という表現のことです。

例えば、私が誰かにものを渡すときは「あげる」。私が誰かから物を渡されたときは「くれる」。誰かが私にものを渡したときに「私」が主語になると「もらう」になります。

「貸してあげる」「貸してくれる」「貸してもらう」と動詞とセットで使われるので余計に難しいと思います。

3、ニュアンスが難しい

日本は”察する”ことに美徳を見出す文化です。最近では「空気を読む」などと言われたりもします。日本語を学ぶ上では”察して”言葉を選ばなければなりません。日本語には他の言葉に訳す事のできない微妙なニュアンスの言葉が多いのです。「よろしくお願いします」「恐れ入ります」「お邪魔します」「お疲れさま」などが代表例です。

4、尊敬語、謙譲語、丁寧語

これは私たち日本人でも完璧に使いこなせている人のほうが少ないのではないでしょうか?私も自信ないです・・・。

尊敬語とは、相手を立てる時に使われる言葉です。相手を敬っている、尊重しているという気持ちをあらわすのに使います。

謙譲語とは、尊敬している相手に対して、へりくだって自分を表現する時に使う言葉です。自分がへりくだることで、相手を立てる表現です。

丁寧語とは、語尾を「です・ます」や「ございます」にするなど、相手を問わず、また内容を問わずに表現を丁寧にしたい時に使う言葉です。

「行く」という動詞を例にすると、尊敬語では「いらっしゃる」や「行かれる」となります。『夏休みに旅行へ行かれたんですよね?』や『夏休みに沖縄にいらっしゃったそうですね』となります。謙譲語では「参る、伺う」になります。黄門様の『助さん、格さん参りましょう』ですね。丁寧語では「行きます」となります。

日本人ですら完璧でないことを学ぶのはもっと大変ですよね・・・。

5、一文字で大きく意味が変わる

「が」と「は」の違いや、「に」と「で」のようなわずか1字で大きく意味が変わってしまう、または意味が通じなくなってしまう言葉の使い方は非常に難しいですね。

例えば
・私は○○です
・私が○○です
「は」の場合は初めての人にあいさつをするときや、自己紹介をするときに使います。「が」の場合はすでに知られている時なのどに使います。『私”が”変なおじさんです』のようになるわけです。

まだまだ日本語の難しい部分を上げればキリがないのですが、改めて日本語が特に難しい言語であることがよくわかりました。日本語も流暢に話す外国人の方には頭が下がります。

そして、難しい言語である日本語を母国語として話せることに誇りを持ち、私たちも改めて日本語を学びなおすことも大事だなと思いました。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス