まずは推しを探しましょう!!

今や、Twitterやブログをやっていない地下アイドルは皆無です。どこの事務所でも所属するアイドルさんにはSNSで知名度をあげ、ファンになってくれる人を増やすよう、積極的に更新をするよう促します。

Twitterのタイムラインを見ていればライブの情報だけじゃなく、可愛らしいお食事風景やペットとのふれあい、友達と遊んでいるオフショットなど簡単に見つけられるはず。

自分好みのアイドルさんを見つけたらフォローしたりブログにコメントを入れたりしてみましょう。時間があればリフォローやリプ、コメント返しもしてくれるかも?
こういった、SNSでの繋がりができるのも地下アイドルの醍醐味です。

ある程度やりとりをして気に入ったらライブの予約をしておくといいでしょう。
お友達がライブ参戦している場合は一緒に行ってみて、推せるアイドルさんを見つけてみるのもいいかもしれません。

かいてみた

さて予約を入れてみましょう!

以前、地下アイドルあるあるにも書きましたが、ライブのご予約はチケットバックという形でアイドルさんの大事な収入に繋がります。勿論、実際に会場に行って入場しないとバックは入りません。予約したらできるだけ行ってあげましょう。

SNSでやりとりしておくと「ああ、Twitterで絡んでくれた人だ!」とか「ブログにコメントくれた人だ!」って8割から9割のアイドルさんは覚えているはずなので「うわあ!ほんとうに来てくれたんですね♡」と、とても喜んでくれるはずです。

ライブ料金は
無銭ライブやワンコインライブ、1000円ライブは2ドリンク制の場合が多く、その他は1500円から3500円のチケット代で別に1ドリンク代という感じです。

ライブを楽しもう!

地下アイドルライブと言っても形態は様々。ヲタ芸、MIX、コールなどで演者と一緒に盛り上がって楽しむライブ。以前は地下アイドルライブではこれが主流でした。

ですが、最近ではサイリウムがぶつかってトラブルになったり、某声優さんやメジャーなアイドルさんのライブでヲタ芸が禁止になったという話もあり、今ではヲタ芸禁止というライブも出てきました。それでも地下アイドルの現場(ライブ)では今でもヲタ芸やコール、MIXを楽しめる現場は沢山あります。

PPPH(ぱんぱぱんひゅー!)、ロマンス、サンダースネーク、OAD(オーバーアクションドルフィン)、ムラマサ、ナルシスト、ヲタ芸の技と言われるものはあげればキリがないほど沢山ありますし、ヲタ芸のノウハウ本や講習会なども行われています。ですが私が覚えたのはぶっちゃけ見よう見まねって奴です。

中1の頃、初めて秋葉原でライブに出た時に、ヲタ芸を見てそのかっこよさに憧れて、その日のうちに見よう見まねでヲタ芸を打ちました。それがきっかけで知り合った方は今でもライブを見に来てくださっていて、ヲタ芸で友達ができるなんてことも多いのです。上手いとか下手だとか初めのうちはどうでもいいんです。ライブを見て盛り上がって会場全体の一体感が楽しさを倍増してくれます。

2010年10月 初めてのヲタ芸 高速で動いているため残像がヤバイ!

慣れてしまうとありがちなトラブル

スカートの中を照らされているアイドルさん

かいた

楽しむためのライブなのにトラブルになってしまっては、本末転倒ですよね?

そこでまずは地下アイドルライブでありがちなトラブルをご紹介しておきましょう。

ライブ会場のノリは現場によって変わってきます。ある会場ではアイドルを愛情を持ってイジることで楽しい空気を作り出せる。だから他の現場でも大丈夫!って思ってしまうと招かれざる客になってしまう・・・なんてこともあるのです。

一所懸命、歌っているアイドルさんにわざと背を向けて、ヲタ芸を打っていたり、歌っているのに大声で話をしてみたり。ケチャのときに、歌っているアイドルさんのスカートの中をサイリウムで照らそうとしてみたり!!

「それでは最後の曲になります!」って言葉に対して
「え~~!!いま来たばっかり!」とか返すのが通常運転なのに
「やったー!」と返すのが当たり前の現場があったりするわけです。

お客さんにしてみれば、いつものノリで楽しんでいるだけなのかもしれません。いつもの現場では普通のことだとしても、アウェーの現場で初見のアイドルさんに対してやってしまうとそのアイドルさんを推しているファンの方を丸々、敵に回してしまうことにもなりかねません。

例えば、自分の推しのアイドルさんがイジられることで面白さを発揮するようなキャラだったとしたら、その子にだけはいつものノリで、他のアイドルさんには通常のノリで・・・というのが一番いいのかもしれません。

地下アイドルの現場は広いようでかなり狭い世界です。幾つもの現場でライブに出ているアイドルさんにとっては同業者はライバルであると同時に大事な仲間でもあるのです。仲間をイジられて喜んでいるようなアイドルさんは多分、いないでしょうし、もしも仮にいい気味だなんて思うような子がいたとしたら遅かれ早かれ消えていくと思います。

楽しくおしゃべり 物販の時間

女の子はきっとこんな反応をしてくれます! (かいた)

ステージ終了後の物販では生写真、チェキ、オリジナル曲のCD、タオルやTシャツなどのグッズをアイドルさんが直接、話をしながら販売しています。

せっかくライブに参戦したら、この物販に参加しない手はない。話をしただけで何かを売りつけられると思う必要はないのです。物販ではステージでは話せない、趣味の事や新しい情報も聞けたりしますし、何より、一度、物販で話した人は覚えているので次回に会った時には、「あ!お久しぶりですー!」なんて気さくに話せるようになります。

一人でポツンと立っている子には積極的に話しかけてみましょう。その日のライブの感想でも好きなアニメやゲームの話でもきっと笑顔で対応してくれるはず。後ろにお客さんが並んでいなければ意外と長時間、話せる場合もあります。
一人でいるアイドルさんとお喋りを楽しんで、ちょっとでも気に入ったらチェキでも生写真でも買ってあげると本当に喜ばれます。

長い列を作っているアイドルさんの物販に並ぶときには、後ろに並んでいる人のことも考えてあげるといいですね。物販の時間は短い時には15分、長い時には1時間と振り幅が大きいのです。大勢並んでいる人気のアイドルさんの場合、物販時間が短いと後ろの人は一言も喋れず、何も買えずという状況になってしまいます。アイドルさんにとっても物販は生命線なのでそこは適切な状況判断で!常連さんになると一度、何かを購入してまた、最後尾に並んで二巡目なんて方もいらっしゃいます。

ちょっと豆知識程度に物販での相場を書いておくと
チェキ      1枚500円~1000円
生写真       1枚500円~1000円
CD     シングル1000円~1500円
タオル        1000円~2000円
Tシャツ                2000円~5000円
ちなみに我々、ななかと!の物販は
チェキ&生写真      よりどり2枚で500円
CD                       1000円
CDはオリジナル曲2曲とそれぞれのインストルメンタル)これにお好きな生写真1枚がおまけについてくるっていう・・・。
お得ですね!!アイドルライブでは1枚500円のチェキですが、サブカル系のライブでは300円くらいで売ってる場合が多かったんです。「ななかと!」はアイドルライブの他にサブカル系のライブにも出ていることもあり、来てくれるお客さんはどちらにも顔を出してくださっているのでお得な方に値段を揃えた感じです。
そろそろ、Tシャツとか作りたいと思ってはいるのですが小ロットで作ると制作費がお高くなるのでなかなか、踏み切れないまま、2年経ちました。

あきばお~四號店さんでも手に入るななかと!のCD

これだけはやっちゃいけない地下アイドルライブのタブー

地下アイドルの世界は広いようで意外と狭い。ということは様々な現場に顔を出しているうちに、地下アイドルさんともファンの方とも顔見知りになっていくんです。下手するとアイドルさんよりもファンの方が事情通だったりする場合も多いんです。

色んな現場に行っている方から最近、聞いた話なんですが、どこの現場でもくだらないトラブルが起きているようです。物販の待機列でファン同士で喧嘩になったとか、ライブ後にアイドルさんを尾行して自宅を特定して留守の間に忍び込んだ人がいたり、会うたびに物販でアイドルさんに説教をしてアイドルさんを泣かせてしまうファンがいたり。新規で参戦したファンと古参のファンとの小競り合いとか。主催者のライブ進行が悪いと掴みかかるお客さんがいたり。酷い時にはパトカーや救急車が出動する事態になってしまうこともあるとか。

その、どれもがアイドルさんを思えばこそ、好きだからこそ行き過ぎた行動をしてしまったということなんだと思います。だけど、そういったトラブルが起きて一番、悲しい思いをするのは大好きなアイドルさん自身です。

せっかく、楽しい時間を過ごしてきた、ライブ会場から出入り禁止を食らったり、アイドルさん自身から「もう来ないでください!」なんて言われたらいたたまれないですよね。それまで大事なファンだと思っていた人にそんなことを言わなきゃいけない、アイドルさんの心中は悲しさや寂しさでいっぱいだと思います。

地下アイドルライブは距離が近い。アイドルさんはみんな必死だから何を言われても、笑顔で対応しようと努力する。ごく一部のファンが何をしても許されると極端な行動に出る。狭い世界では瞬く間に情報が広がって行きます。たった一人が起こしたトラブルなのに「〇〇ちゃんのファンはガラが悪い!」と他の心優しい人たちまでが非常識な人のように言われてしまうんです。そのせいで精神的に潰されるアイドルさんは意外と多いのです。

とにかく仲良く!!みんなで楽しい時間を作りましょう

誰か一人がタブーを犯せばライブは台無しになりますが、逆に考えれば、楽しい空気はみんなで作り出せるってことなんです。推し以外のアイドルさんと仲良くなれば、そのファンの方とも仲良くなれたり、現場で何度も顔を合わせていれば仲間意識も生まれてきます。

推しのアイドルさんが登場するとファンが最前列に陣取って、他のお客さんに一緒に盛り上がってもらおうとヲタ芸やコールを先導する。
推しのアイドルさんが退場すると一緒に盛り上がってくれた、お客さんにお礼を言って、次のアイドルさんの推しの方に最前列を譲る。そういう、優しさや思いやりのある、ファンに応援されてるアイドルさんは幸せだなと思います。

最後にちょっとだけ、自慢させていただくと「ななかと!」は活動を始めた頃からずっとフリーで現在も事務所に所属していません。だから生誕ライブもCD発売&2周年記念ライブも手作り感だらけのライブでした。だけど、集まってくれた人たちがみんな仲良しで本当に色々、協力してくれて心の底から楽しいライブになりました。毎回、みんなが一緒にライブを作ってくれている。私も、相方である兄も、ファンと演者と言うよりは仲間、友達といったほうが正しいんじゃないかと思っています。新規で参戦した人も昔から来てくれてる人も「ななかと!」(nanaka&)なんです。

「料金分、しっかり楽しんで物販ではアイドルさんみんなにちょっとずつでもお金を落としてってくださいね-!!」私が毎回、ライブのMCで言ってる言葉です。
初めて聞いたお客さんは皆さん、苦笑いですが実はこれに尽きると地下アイドルとして通算6年の私は思います。



「楽しいライブはみんなで作る!!!」
これこそが地下アイドルライブを楽しむ方法です。

この記事を書いたユーザー

七歌(天乃ななえ) このユーザーの他の記事を見る

バイト戦士でうたうたいびと 現役コスプレイヤーの七歌と申します。オタクならではの視点で自分の目で見た事実を書いています。よろしくお見知りおきを!

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ゲーム
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス