私たちが学生の頃に悩まされた宿題、特に夏休みの宿題はたくさんあり苦労させられた思い出があります。あのころ良く考えていた誰か代わりに宿題をやってくれないかな?という思いを叶えてくれるサービスが今話題になています。その名も宿題代行サービスです。詳細をまとめましたの参考にしてください。

宿題代行サービスとは?

その名前の通り、宿題やレポートなどの提出物を代わりに行ってくれるサービスです。

どんな宿題をやってくれるの?

宿題代行サービスを行っている会社が多数あり、会社ごとにその内容は違うようですが、基本的に小学生・中学生・高校生を対象にしている場合が多いようです。中には大学生や社会人のレポートなどにも対応している会社もあります。
また、サポートできる宿題の教科も会社によって違いますが、一般的なドリル的な宿題から、夏休みの自由研究、読書感想文、裁縫、図画工作、絵などなど様々なジャンルの宿題・提出物を代行して行ってくれます。

宿題代行料金は?

各番組によると価格はドリル1冊7000円から、自由研究は1万3000円から、読書感想文は1枚400字詰めで小中学生2500円から・高校生3000円から、自由研究は1万3000円から、絵は1万8000円からなどと紹介されています。

出典 http://news.nicovideo.jp

料金形態も会社により様々で、1問100円から対応している会社や1ページ300円からというような値段設定をしている会社などがあります。

親にばれて怒られないのか?

今は親が頼むケースがほとんど!
なにっ!?羨ましい!と思ったのですが
なんでも宿題代行を頼む理由としては
「学校の宿題をやっても意味がないから、それをやる時間に使うなら塾の勉強や違う勉強をさせたい」

出典 http://arukunews.jp

確かに現在、学生の多くは塾で学校より難しい授業を習っているケースが多いようです。その場合夏休みに出される宿題は自分の子供が分かっている範囲だから意味のないものだと考えてしまう親が多いようです。

テレビ番組を見た人の反応は?

実際に、スッキリ、ノンストップ、いっぷく、ニュースな晩餐会など様々なTV番組で宿題代行サービスが話題となり紹介されました。

「スッキリ!!」での加藤浩次の反応

VTR後、加藤はすぐさま「こりゃダメだな!」「ちょっと考えられないな」と厳しい言葉を連発。加藤はヒートアップしたのか、「己のことしか考えてないからですよ!」「自分の子どもが受験受かるためなら、何でもしたいみたいなことなんですよ!」と業者を頼る親を批判し、「バカな考え方ですよ!」と一蹴した。

出典 http://news.livedoor.com

尾木ママはかなり怒っているようです。

犯罪に近いですね…
一種の
いや
れっきとした「詐欺罪」です!!
子どもに詐欺の正統性教え

宿題代行サービス業者を紹介

宿題代行サービスを頼むときの注意点

昨年の話になりますが、申込みが集中し、8月15日以後のお申し込みはお断りするしかありませんでした。作文の作成には、読書感想文の場合、本の精読に一日、二日、場合によっては三日かかります。それを作文にしていく作業にやはり同じだけの時間が必要です。ですので、お申し込みはできるだけ早めにお願いいたします。おそらく今年も8月15日または20日過ぎのお申し込みはお断りするしかないということが予想されます。また、〆切り間際のお申し込みなどは自動的にお断りしていますので、その点も、ご留意ください。

出典 http://www.sakubun-daiko.com

自由研究や図画工作など時間のかかるものは特に日数に余裕がないと受けてもらえない場合が多いようです。また、夏休みの後半になると依頼数も増える傾向があるようです。その場合も対応できない場合があるようなので、できるだけ早めに依頼を出すことをおすすめします。

依頼するときは細かい指示も可能

代行業者にもよりますが、最初にメールにて打ち合わせ的なものを行うようです。その中で作文なら「佳作に入るレベル」、ドリルなら「1問わざと間違えて」など色々な指示を出すことができるようです。また、それによって値段も変わるところもあるようです。
テレビで紹介されたものでは、「優秀賞をとれるぐらいの物」という依頼を出したという人が紹介されました。

私が子供の頃夏休みの宿題を友達と一緒にやる、写しあうというようなことをしていました。自分を肯定するわけではないですが、友人と一緒に宿題をやるという方法を自分でしっかりと考えてその行動をとったということに意味があると今は思っています。宿題代行サービスも親が子供のためにと依頼するのではなく、子供が自らお小遣いなどで依頼するのであればアリだと思います。むしろ、それができる子供は将来有望なのではないかと思います。基本的にいい学校に行けば子供の将来が安心だと考えている親の考え方をまず治す必要があると思いました。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス