記事提供:ガジェット通信

「人生、傷つくときもある。人生、泣きたいときもある」

女優・能年玲奈さんの苦悩系モノローグで始まるウェブ限定動画『人生は、夢だらけ?』は、かんぽ生命が前向きに生きるすべての人を応援しようと7月27日より公開。

その中で、滝藤賢一さん扮(ふん)する“謎の男”が、いろいろと深い人生観を語っています。

ドラマ仕立ての動画の中で、謎の男に人生のアドバイスを受ける能年ちゃん(人生に悩み中)。

男は人生について、「山と谷があり、それは代わる代わるやってくる」と解説。彼が言うには、自分が今いる谷なんて大したことがないと思える日がやって来る、この先もっともっと大きな山(喜び)も、もっと深い谷(悲しみ)も待っているのが人生なのだそう。

「きっと良いことがあるよ」なんて楽観的な慰めではなく、「もっと悪いこともあるから今から落ち込むな」という真理を突き付けてくるのです。

それを聞いた能年ちゃんは「大変だ」とひと言。悩んでいるところゴメンナサイ、困り顔も可愛いです…。

「谷はチャンス。谷があるから山を楽しめる。一番大切なことは谷から抜け出す方法を知っておくこと」と語る男は、「海を見ること。つまり、山と谷とは全く違う別の世界に飛び込むこと」が大切だと続けます。

今まで見たことのない風景や行ったことのない場所、会ったことがない人に会うことが転機となるワケですね。

すると、「やっぱり大変だ」とまたもや困惑する能年ちゃん。うん、やっぱり可愛いよ!

未だピンと来ていない能年ちゃんに対し、「動くことはリスクです。動かないこともまたリスクです。動かなかったせいでつまらない人生になってしまうかもしれない、というのもリスクなのです」と淡々と諭す男。

さらに、「迷ったら面白いほうを選べば良いのではないでしょうか?」という助言の畳みかけに、能年ちゃんが遂に吹っ切れます。

「私、一度ミュージカルやってみたかったんです!」

えっ?今?このタイミングで?

そこからは、「探し物は何ですか?」でおなじみの井上陽水さん『夢の中へ』を口ずさみながら、突如エキストラを巻き込んだ豪華ミュージカルシーンがスタート。

『あまちゃん』のGMT47よろしく若干ぎこちないダンスを披露します。

やっぱり笑顔の能年ちゃんが一番可愛いよッ!

そのまま大団円でめでたし、めでたし!と思いきや、物語は後編の動画に続くとのこと。そうですよね、教訓をどう活かすかが大事ですよね。歌って踊ってハッピーエンドじゃないですよね。

後編でも滝藤賢一さん扮(ふん)する“謎の男”の格言が爆発するのでしょうか。そして、能年ちゃんの悩みは無事に解決するのでしょうか…!?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス