7月27日に日本の若手テニスプレイヤーとして注目されているダニエル太郎選手が、ドイツ・ハンブルグで開催される「bet-at-homeオープン」の予選を勝ち抜き、本戦入りが決定! さらに、マツコ・デラックスが「名前がズルイ」とコメントしたことで、より一層話題になっているのです。マツコ・デラックスも注目しているダニエル太郎選手とはどんな人なのでしょうか? 早速、ご紹介致します。

■ ダニエル太郎ってどんな人?

出典 https://www.facebook.com

名前:ダニエル太郎
フルネーム:Taro Charles Daniel
国籍:日本
出身地:アメリカ・ニューヨーク
居住地:スペイン・バレンシア
生年月日:1993年1月27日(22歳)
身長:190cm
体重:76kg

アメリカ人の父と日本人の母の間で生まれ、5歳から埼玉県加那須市でテニスを始めるようになり、14歳の時に家族と共にスペインに移住。

身長も高く、整ったマスクのイケメンとしても注目されており、さらに英語、スペイン語、ロシア語も話せるマルチリンガルでもあるのです。

■ 世界で最も選手層が厚いスペインでトレーニングを積む

出典 https://www.facebook.com

14歳でスペインへ世界4位のダビド・フェレールが所属するバレンシアのアカデミーに入り、スペインのトップ選手とともにトレーニングを行い着実に実積を伸ばし、2010年にプロに転向したのです。

■ 2014年に初の日本代表として選出!

出典 http://ameblo.jp

2014年に全豪オープンの予選3回戦まで進み、ATP(男子プロテニス協会)250チリオープンではベスト8、4月に行われたデビスカップでは錦織選手欠場の代わりとして大活躍し、初の日本代表に選出されたのです。

■ ATP500で初の予選突破!

出典 https://twitter.com

ドイツ・ハンブルクで開催される「bet-at-homeオープン」の予選に出場していたダニエル太郎選手が決勝でマクシミリアン・マーテネルを倒して本戦入りを決め、4月のカサブランカ(ATP250)で予選を突破して以来となる今季3度目のATPツアー本戦入りを果たしました。

【ツアー経歴】
デビュー年 2010年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝

【4大大会最高成績・シングルス】
全仏 1回戦(2015年)
全米 1回戦(2014年)

【キャリア自己最高ランキング】
シングルス 123位(2015年6月15日)
ダブルス 566位(2013年9月20日)

出典 https://ja.wikipedia.org

■ マツコ・デラックスもダニエル太郎選手に注目!?

出典 https://twitter.com

7月28日に放送された「マツコの知らない世界」では、松岡修造さんがゲストで招待され、注目の若手選手としてでダニエル太郎選手を紹介したのです。

マツコ・デラックスさんは、ダニエル太郎選手に対して、「ダニエル太郎って両方とも下の名前だよね。名前がずるい(笑)」とコメントし、ネットなどでも話題に。

■ ダニエル太郎選手に対して、ネット上の反応は!?

笑ってはいけませんよ!

プレーも名前も破壊力抜群!

一度、聞いたら忘れられない名前ですよね!

テニスがより盛り上がるかもしれませんね!

友人のご子息! それは応援しなきゃダメですね!

ネクスト錦織選手とも言われ、マツコ・デラックスにも注目されているダニエル太郎選手。名前も一度聞いたら忘れられないですよね! 勢いに乗っているダニエル太郎選手のさらなる飛躍に期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

Sachiko このユーザーの他の記事を見る

世の中の数ある面白いモノを沢山の人に届けて、笑顔にできるような記事を執筆していきたいです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス