こんにちは。僕は、生後8ヶ月の赤ちゃんを持つ新米パパです。新米だけに気づいた、育児の苦労や幸福を書いていきたいと思います。

今回は、世界には『できる楽しみ』と『できない楽しみ』があるという話。

だんだんと喋りはじめた息子。

「アーウー!」、「パパパパパ」、「マママママ」、まるで初めて空に飛びたった鳥が思いっきり翼を広げて楽しむように、大きく出せるようになった自分の声を楽しむ息子。

完全受け身だった君が、自分から何かを伝えようと声を上げている。何をいってるか、お父さんにはちょっとわからないけど。何かを伝えようとしている。ごめんよ、わかってあげられなくて。怒っているのか、楽しんでいるのか、悲しんでいるのか、それぐらいはわかるから、しばらくは懲りずに声を上げ続けてくれるとお父さんは嬉しいです。

『できる楽しみ』と『できない楽しみ』。

赤ちゃんの定番の「アーウー!」をはじめ、「パパパパパ」と「マママママ」が得意な息子。もちろん、パパとママを呼んでいるわけじゃないんだけど(もしかして呼んでいるの?)、たまに奇跡的に「パパ!」、「ママ」と言ってくれる。そうなると、ついつい顔がほころんじゃうよね。意識的に「パパ」、「ママ」を言えるようになるのは、いつなのかな。君と会話できるようになったら楽しいな。

でも、もし会話できるようになったら、この先一生『会話できない楽しみ』を失ってしまうと思うと、ちょっと寂しい。たぶん、この世界の『楽しみ』にも2種類あって、それは『できる楽しみ』と『できない楽しみ』なんじゃないかな、とふと考える。

今だけのしあわせを、噛み締めたい。

人は、『できる楽しみ』には気づきやすいけど、『できない楽しみ』には気づきにくい。

息子の表情や声のトーンで、どうにか感情を読み取るという楽しさは、会話が『できない』今だからこそ味わえる特別なもの。

だから、今は、今だけの『できない楽しみ』を噛み締めたい父なのでした。

この記事を書いたユーザー

ARASE このユーザーの他の記事を見る

「おもしろフィルター」を通して、あらゆる情報をおもしろく伝えられるよう善処します。記事、コラムなどの執筆のご依頼は→mapsincjapan@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス