【ミヤのお料理教室】そのまま出すとさびしい缶詰が、本格的なお料理に見えてしまうのです。

カニ缶で作るカニの酢の物

材料(2人分)
カニのほぐし身缶(今回使ったのは中身の重さが110g)
きゅうり 1本
塩 塩水用適宜

あえ酢
酢 大さじ1
砂糖 小さじ1
うすくち醤油 小さじ1
*これに、「出し汁大さじ2」も加えるのですが、水煮缶のカニの場合、汁をきらずに使い出し汁はなし、でOKです。

1 濃いめの塩水をボールに作っておきます。キュウリを板ずりして、小口切りにし、塩水に10分ほどはなしておきます。

2 調味料はあわせておきます。カニと、よく塩水をしぼったキュウリをまぜ、調味料を加えます。 

サバ缶がおしゃれに変身する小鉢

2人分で、ネギ半分ぐらいを白髪に切り、氷水に10分ほど浸けて辛みをとります。

ネギとサバを盛りつけます。ネギは、写真では青いところも少し使っています。ほかに下にシソの葉を敷くなど、なさってみてください。

この日は、ディジョンマスタードをちょんと添え、酢と醤油をかけていただきました。練り芥子と酢と醤油をまぜたもの、味醂か砂糖もそこにちょっと加えた甘めの芥子酢醤油、ショウガ酢醤油、酢は入れない、などしてみて。「これが我が家の味」というのを見つけてみてね。

サケ缶のオードブル2種

2人分でタマネギ1/2個は、半分に切ったものを半円になるように薄切りにし、冷たい水に10分ほど浸しておきます。

ソースは、赤ワイン大さじ2と、うすくち醤油小さじ2をまぜたものです。

タマネギ、サケを盛りつけ、なにか青い野菜を添えます。写真はゆでたブロッコリー。

ソースは2人分で、牛乳大さじ2、マヨネーズ大さじ2、トマトケチャップ小さじ2、パプリカ(粉末)小さじ1/2をまぜておきます。

お皿にソースを敷き、サケをのせます。写真の野菜はマッシュルームとキュウリを5mmぐらいの厚さに切って、ゆでたものです。

ツナ缶のスパゲッティ

魚のオイル漬けと、ダイコンおろしの組み合わせはそれだけでおいしいものです。

スパゲッティは袋に書いてある時間ゆで、お皿に盛ります。その上に、ダイコンおろし、ツナ、きざんだシソの葉をたっぷりのせます。

写真ではその上にミョウガがのっていますが、これはなくてもいいです。ほかの薬味野菜、シソの実などをのせてもいいのです。

醤油か、醤油と酢をかけていただきます。ポン酢醤油などでもいいと思います。試してみて。

この記事を書いたユーザー

ミウラミヤ このユーザーの他の記事を見る

東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。西洋中世美術史専攻。呉服屋(実家の手伝い)、出版社、編集プロダクション勤務のあと、現在はフリーランス。夢は、生け花とフラワーアレンジメントの教室を開くこと。専心池坊流華道教授免許有り。その他の趣味は、茶の湯は表千家、煎茶道、仮名書道、太極拳など。http://ameblo.jp/thymusvulgaris/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス