今年は海上自衛隊の観艦式イヤーです。
自衛隊の観閲式は、海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊が年変わりで実施しますので、観艦式が見られるのは3年に1度です。
また、観艦式だけは自衛隊の護衛艦に実際に乗船し、相模湾の海上で実施される観艦式を船の上から見られるというマニアにはたまらないイベントです。

観艦式の乗船チケットはプラチナチケットですが、8月1日から申し込みが始まります。

観艦式で乗船する場所は大まかに3箇所、横須賀、横浜、木更津です。
3年前は、観艦式事前航海のチケットを入手できたので、横須賀の船越地区から乗船しました。

観艦式の乗船場所

出典カイトマン撮影

入手できたチケットが船越地区で、車で行こうとする人は駐車場の注意が必要です。船越地区は大きいコインパーキングが無いので、満車で停められない可能性があります。十分に早い時間に到着するように行き、満車でどうにもならない時は横須賀中央方面に車を停めて京浜急行で京急田浦に戻ってきたほうがリスクが少ないと思います。

船越地区のゲート

出典カイトマン撮影

出航時間はチケットに書いてありますが、8時前後でした。
遊びではないので、遅れた人は容赦なく置き去りと考えておく必要があります。
時間は絶対厳守です。

護衛艦のトイレ

出典カイトマン撮影

護衛艦の中のトイレは水洗で、温水洗浄器つきでした。

トイレットペーパーホルダー

出典カイトマン撮影

護衛艦らしくない、かわいいトイレットペーパーホルダー。

乗船したら、8時になる直前に艦尾に行くことをお勧めします。8時から自衛艦旗の掲揚があります。

自衛艦旗の掲揚

出典カイトマン撮影

8時になると、ラッパの吹奏とともに自衛艦旗の掲揚が行われます。

横須賀港を出航した艦隊は、浦賀水道を通って三浦半島の南をとおり相模湾に向かいます。
横浜や木更津から出航した艦隊と合流してどんどん艦が増えていく様は圧巻です。

横須賀を出航した艦隊

出典カイトマン撮影

観閲艦艇は2列に隊列を組んで西へ

出典カイトマン撮影

観閲艦艇の北側の列の艦艇に乗船した場合は撮影が逆光

出典カイトマン撮影

観艦式はまず、観閲艦艇が二列の隊列を組み、西に向かいます。私が乗船したのは南側の隊列の艦艇でした。観艦式で総理大臣が乗船する艦艇は北側の列になります。
ただ、北側の隊列にヘリ空母やイージス艦が多く、撮影が順光になる事を考慮すると南側の隊列の艦艇のほうが撮影に適しています。

受閲艦艇が前方からやってきます

出典カイトマン撮影

観閲を受ける側の艦艇は、先に相模湾西方に行っており、直線の隊列を組んで東に向かってきます。そして、まず、2列で航行している観閲艦艇の間を通過していきます。

観閲艦艇と受閲艦艇がスライド

出典カイトマン撮影

受閲艦艇が観閲艦艇の前を通過するとき、総理大臣が乗る北側隊列の観閲艦艇に向かって、艦船のサイドに整列した隊員が敬礼をします。南側の隊列に乗船していると、それが見えないのが残念でした。

3年前の観艦式での相模湾上での観閲の前半の様子は次にレポートします。

この記事を書いたユーザー

カイトマン このユーザーの他の記事を見る

ディズニーシーのカイトのファンで、ミシカの頃に撮影を始めました。
今は、年パスで毎週インしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス