イケアと言えば、おしゃれな北欧家具のお店。インテリアを新調したいときに出かけようかな、と考える人が多いかと思います。しかし、実はインテリアだけのお店じゃないんです。イケアは子どもと楽しめるお出かけスポットとしてもかなり優秀。今回はイケアの魅力をご紹介します。

1. 売り物はソファやダイニングテーブルだけじゃない

イケアに置いてあるのは、ソファやダイニングテープルなどのインテリア家具だけじゃありません。食器や照明、観葉植物といったお家のものから、ぬいぐるみやテントなどといった子どもが喜びそうなおもちゃまであります。

カラフルな色使いは、さすがスウェーデン発祥。ハイセンスなデザインの上に、インテリアと同様にかなりロープライスです。

2. 展示方法そのものがおもしろい

イケアと言えば、商品を実際に暮らしているかのように配置したモデルルーム型展示で有名。子どもたちにとっては、大きなおままごとセットのように感じられるようです。

キッチンで手を洗ってみたり。

食事の準備をしてみたり。

初めてのハンモックに、思わず笑顔の子どもたち。

3. スウェーデンの食文化を学べるグルメ施設

イケアの施設内でも大人気なのが「イケアレストラン」。日本にいながらにしてまるで外国に来たかのような、各自好みのものをとって食べるスウェーデン形式のシステムで、北欧の味を堪能することができます。

ミートボールサーモンマリネは大人から子どもまで大人気のメニューです。もちろんキッズ用のメニューやドリンク、イスなども用意されているので、いっしょに来店しても安心ですね。

日本ではなかなか馴染みのないザリガニなども提供!スウェーデンの食文化に触れるという貴重な体験もイケアならできます。

レストランの他にも、出入り口付近には軽食が楽しめる「ビストロ」も。ここで食べられるソフトクリームホットドックは、イケアの中でも大人気商品です。

「イケアレストラン」や「ビストロ」で食べられる商品の中には、スウェーデンの食材を販売する「スウェーデンフードマーケット」で販売しているものもあります。お土産にもぴったりですね。

4. ゆっくり買い物を楽しみたいママも安心

ゆっくりお買い物を楽しみたいママのために、子どもを預けられる施設もあります。「Småland(スモーランド)」はスウェーデンの森をイメージしたプレイルームで、巨大なボールプールなど子どもが喜ぶ遊具がたくさん。4歳から10歳までの子どもなら、1時間無料で預かってもらえます。家族揃って楽しむことができるスポットです。

実際にイケアを満喫する子どもたち。動画でご覧ください。

出典 YouTube

イケアで「初めてのデートを楽しむ」というコンセプトのもと撮影されたこの動画。子どもたちに見つからないように撮影スタッフやご両親が見守りながら安全に撮影したそうです。お買い物の際には、みなさんもお子様から目を離さないように楽しんでくださいね。

親だけでなく、いろいろな経験をしながら1日中子どもも楽しめるイケア。この夏休み、親子で出かけてみてはいかがですか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス