みんな大好きキュートな“HARIBO”

見た目のキュートさと手軽に食べられるおやつとして、大人気のひとくちサイズのグミ“HARIBO”。インスタで#ハリボーと検索すると可愛いくま達がいっぱい出てきました!

手を繋いでいる新種のHARIBOも!どっちから先に食べるか、ひとりだと可哀そうだから同時に食べるべきか可愛すぎて悩ましいです。そして、グミだけではなく色んなグッズも発売されています。

“HARIBO”グッズも増えてる!

こちらは“HARIBO”のピアス。ゆらゆら揺れるHARIBOは夏にピッタリのアクセサリーです。

ミニサイズの歯ブラシハリボーも登場!お出かけの時に、ポーチの中にひとつ持っていると便利ですね。

そして、本家のグミHARIBOのアレンジレシピも見つけました!

見た目も可愛い“チョコハリボー”

ハリボーにチョコのコーティングをした“チョコハリボー”。可愛くて、おいしそうな見た目に胸きゅんです。作り方もとっても簡単でお家ですぐに作れますよ。

簡単♥チョコハリボーの作り方

<下準備>
チョコレートは細かく刻み、ボウルに入れ、約50~55℃のお湯で湯せんにかけて溶かし、テンパリングしておく。チョコの刻み方湯せんテンパリングバットの上にオーブンシートを敷いておく。

<作り方>
1.テンパリングしたチョコレートに、HARIBOを半分だけ浸してコーティングする。
2.オーブンシートを敷いたバットの上にコーティングしたHARIBOをのせ、冷蔵庫で30分以上冷やし固める。

溶かしたチョコに絡ませるだけで、ちょっと豪華なハリボーに変身!最近は電子レンジで溶かせるレンパリング不要のチョコも売られているので、そちらを使えばもっと簡単に出来ますよ。そして他にも、夏に試してみたい大人のHARIBOを見つけました。

HARIBOが飲酒!?“酔っ払いくま”も人気

ハリボーをウイスキーやリキュールに漬けた、“酔っ払いくま”も冷えたお酒に合うと大好評。お酒に漬けて2日待つと、ぷるぷるのハリボーになるのです。

ハイボールや梅酒など色んなお酒に漬けていました。子ども用には、炭酸水やジュースでもOK。漬けるだけで簡単おやつが作れます。

ハリボーはくまの形の他にも種類が豊富なのも魅力的ですよね。いろんなハリボーでチョコやお酒とのマリアージュをお試しください。

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス