1980年代から90年代にかけて子供達の間でブームになったミニ四駆。

コロコロコミックで連載され、のちにアニメ化もされた「ダッシュ!四駆郎」や「爆走兄弟レッツ&ゴー」をきっかけにハマったという方も多いのではないでしょうか。

筆者も小学生の頃、ブーム真っ只中でハマりまして、ジャパンカップなどの大会にも参加したものですが…

実はミニ四駆、ここ数年、新たなブームが来ていると言われています。

しかも以前のブームとは少し違う様子。

どのような感じなのか気になり、調べてみました。

ブームの中心は大人?

そもそもミニ四駆の魅力といえば…

まず、発売当初、プラモデルといえば接着剤が必要で、難解なイメージを持たれがちだったが、ミニ四駆は接着剤が不要で組み立てるだけ。

出典 http://diamond.jp

しかも、鑑賞するだけでなく、実際に走るし、幅や出力など規格が統一されているから、専用コースで、速さを競うこともできる。

出典 http://diamond.jp

手軽に始めることが出来て、いざやってみると奥が深くて面白い。

そんなミニ四駆の魅力を知っている以前のブームの時に子供だった人が大人になって、改めてミニ四駆にハマっているんだそうです。

第3次ブームを支えているのが30代だ。第1次ブームのときに小学生だった世代が、大人になった今、再び、参戦しているのだ。

出典 http://diamond.jp

レースイベントでは6~7割を20~30代以上の大人が占めることもあるという。

出典 http://diamond.jp

最近では過去のミニ四駆ブーム世代が大人になり、子供のころには手が出なかった高価なパーツを組み込んで再び速さを追求するリターンレーサーや、親子でミニ四駆を楽しむファミリーレーサー層も増えており、 “第三次ミニ四駆ブーム”と呼ばれ、公式のレース大会には多くの参加者が盛り上がっている。

出典 http://www.pronweb.tv

またミニ四駆を走らすことが出来るバーのオーナーの方はこう語っています。

車やバイクをいじろうと思うと、すごくお金がかかるでしょ。だから、いくら大人でも趣味にするにはハードルが高いんですよね。その点、ミニ四駆なら1万円もあれば心ゆくまでカスタムし放題。

出典 https://plansplans.com

ブームだったこどもの頃は買えなかったパーツも、社会に出た今なら大人買いできるし、そういう意味でも、30歳前後を中心にまた盛り上がってるんですよ

出典 https://plansplans.com

実際の車の知識も活かせるなど、大人の趣味としてハマれるのも大きいんでしょうね。

関連商品やお店も登場

新たなブームを受けてか、ミニ四駆に関連した商品やお店も登場しています。

ムック本から…

ガイドブックに…

爆走兄弟レッツ&ゴーのスマホアプリまで。

そして上の方でもチラッと触れましたが、都内を中心にミニ四駆を走らせながら、お酒も楽しめるバーが増えています。

バーによっては店内でパーツを購入することも可能で、お酒を飲みながらミニ四駆をいじったり、同じミニ四駆好きの人と会話をしながら、マシンを走らせることが出来るのが人気のようです。

他にもミニ四駆専門店もオープンしています。

マンガもアニメも復活?

80年代、90年代のブームを牽引していた雑誌といえば、コロコロコミックですが…

あの当時の子供達をターゲットにした雑誌が創刊されています。その名も…

コロコロアニキ。

この雑誌では「ダッシュ!四駆郎」は「ハイパーダッシュ!四駆郎」、「爆走兄弟レッツ&ゴー」は「爆走兄弟レッツ&ゴーReturn Racers」としてそれぞれ続編が連載中。

付録にはミニ四駆のボディが付いていたり、今のミニ四駆ブームに一役買っているのではないでしょうか。

ミニ四駆が実車に?

ブームの話から少し離れてしまうかもしれませんが…こんなニュースも。

子供の頃、ミニ四駆が実際の車になって走ったらなあ…なんて思ったりしたものですが…

本当にそうしてみよう!というプロジェクトが動いているようです。

タミヤがミニ四駆「エアロ アバンテ」を実車にするプロジェクト「1/1 GIANT MINI 4WD PROJECT」を始動し、ティーザーサイトを公開した。

出典 http://ascii.jp

1/1 GIANT MINI 4WD PROJECTは、ドライバーがミニ四駆のコックピットに入り、疾走する喜びや感動を世界中でわかちあうことをゴールとするプロジェクト。実車のエアロ アバンテの制作工程を段階を追って動画で配信するほか、スペシャルムービーも公開する予定だ。

出典 http://ascii.jp

夢が現実になる日も近いのかもしれませんね。

最近では3Dプリンターで作るマシンも登場するなど、次々と新たな展開を見せているミニ四駆。

興味がある方はチェックしてみるのはいかがでしょうか?

タミヤ ミニ四駆公式サイト

タミヤ ミニ四駆公式ツイッター

この記事を書いたユーザー

シーブックたけのり このユーザーの他の記事を見る

テレビ・芸能・Twitterネタを中心にまとめています。よろしくお願いします。
一応、ライターみたいなこともやっています。
Twitterアカウント@nsbtakenori

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス