開いた口が塞がらないとはこのことだろう。またイギリスで、子供が子供を産んだ。以前話題になった13歳という最年少のママがいたが、今回はなんと11歳で妊娠、12歳で出産という、イギリスの最少年齢出産の記録を塗り替えた。

妊娠した少女の相手は当時13歳。お互いまだ子供だ。しかしちゃっかり子供を作っているのが驚き以上にショックだ。そして少女の母親は28歳で、これまたイギリスで一番若いおばあちゃんになってしまった。

子供の子供は今1歳になった

出典 http://www.dailymail.co.uk

11歳と13歳の子供が子供を作り、その子供が1歳になった。イギリスでは「一番若いママ」ということでメディアでも話題である。少女は今13歳。父親は15歳だ。二人は北ロンドンの同じアパートの住民だ。

今でも若過ぎるという理由でお互いの家族と住んでいる。少女は出産して6週間後に学校に戻ったという。

出産して学校に戻った少女の生活はハードだった。簡単にいじめのターゲットになった。しかし少女は、一生懸命勉強し学校で一番の成績を取っているというから驚きだ。少女が学校に行っている間は、おばあちゃんとなってしまった28歳の少女の母親が、孫の面倒を見ているそうだ。

少女には4歳の妹と、9歳の弟がいる。少女の妊娠を知り父は大ショックを受けた。「でも気付いたのは妊娠8カ月目の時だったんです。もうどうにもできない。みな、前向きに生きて行くしかしょうがないんです。時間を元には戻せませんから。」

お互い愛し合っている二人?

出典 http://gallery4share.com

13歳と15歳の若いカップルは、ただ子供ができたから産んだというのではなく、本当に愛し合っているという。しかし、この年齢で果たして本当の「愛」が理解できているのだろうか?

子供を出産したからといって、母親もまだ13歳の子供なのは事実だ。イギリスでは日本よりもはるかに低年齢出産が多い。しかもこのような11歳や13歳での出産のニュースを聞くと筆者なんかはショックを受ける。

日本でもどこでもそうだが、子供の行動を100%管理はできない。しかし、子供が妊娠してギリギリまで気付かない親は、親としてどうなのかと思ってしまう。

少女の母もまだ28歳。少女を15歳の時に生んだようだ。遺伝的なものもあるのか、若い母親から生まれると子供も早く出産するのか。それにしても11歳は若過ぎるだろう。

学校に戻って、勉強を頑張るのはいいことだ。そんなに若く妊娠、出産するような子供は学業をドロップアウトしてしまいがちだが、この少女はまだ頑張っているといえる。しかし、生まれた子供を早速自分の母親に預けているところが、既に「母親」としての責任をじゅうぶん果たせていないのは一目瞭然だ。

やはり子供を産むのは、ちゃんと全ての責任が果たせる年齢になってからの方が賢明といえるだろう。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス