地震保険を知っていますか?

震災があって以来、地震保険に加入する人は増えていると思います。でも、「地震保険に入っていなくても大丈夫!火災保険はいっているから!」と勘違いしている人はいませんか?地震にまつわる火災やその他の事柄は、火災保険だけでは保障されないことがほとんどであり、地震にまつわる保障は地震保険でしかまかなえないというのを知っていますか?

そこで、改めて地震保険について注目しました。

地震保険はどの会社で加入しても保険料は変わらない。

地震保険はどこの保険会社で加入しても、商品性、保険料とも同じだ。 これは地震保険が、国の法律に基づいて政府と損保会社が共同で運営している公共性の高い保険だからだ。

地震保険料から経費を除いた額を保険金支払いのために積み立てることが義務付けられており、政府が「再保険」という形でバックアップ。地震保険で保険会社に利益が生じることもない。

出典 http://www.nikkei.com

意外と知られていないかもしれませんが、地震保険に関してだけは保障内容や商品の詳細はほとんど同じ場合が多いそうです。条件も最大で50%しか保障してもらえないという部分がネックで震災前は加入が少なかったようですが、現在は加入率が上がっているようです。

地震保険単独では加入できない!火災保険とセットです。

地震保険は単独では加入できず、必ず火災保険とセットで契約する仕組み。今は火災保険のみに加入している人はそこに地震保険を付帯できる。

出典 http://www.nikkei.com

なんとなく加入している人も、火災保険のオプションのような形で加入していることを覚えていますか?「やっぱり地震保険に入っておいたほうが良いかしら?」と感じた場合は、現在加入している火災保険の保険担当者に連絡するとすぐに内容が把握できます

ただ、色々な新商品が販売され地震保険単体でも加入できるタイプも現在はあるようです。

地震で発生した火災は火災保険では対応できない。

火災保険では地震による火災は補償されないのですか?はい、地震保険に加入されていないと、火災保険だけでは地震・噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を直接または間接の原因による火災は補償されません。

出典 http://faqp.sompo-japan.dga.jp

ほとんどの場合、火災保険だけでは地震が起因となる火災である場合保障対象外であることが多いです。地震が起因する火災が保障されないということを知らない人が意外と多いので、この機会に火災保険の現在の契約内容を見直すと色々新しい商品も出ているため、節約にもなるかもしれませんよ?

地震で怖いのは食器や家電製品の破損も忘れないで!

比較的新しい戸建てやマンションですと、耐震補強がしっかりとされているため家自体が崩れてつぶれてしまうという危険性が少なくなっています。ですが、家の中の家財は揺れにより破壊されることが多く、意外と高額な支払いを必要とします。

地震保険の中でも、家財の保険は意外と重点的に掛けておいたほうが無難です。試しに家の電化製品から家具や食器類を全部概算でしてみると、驚くような金額がたたき出されますよ(笑)

耐震対応の家が増えたけれど、家の中は大丈夫?

出典 http://secu1.jp

※画像はイメージです

耐震グッズは色々と販売されていますが、家具を固定するため、家自体に結構な力をかけるため、家具や壁にある程度の損傷が発生する場合が多いです。耐震マットのジェルタイプは、あまりに強力なものだとジェルを剥がす時にテレビ代の家具の表面もろとも取れてしまいますということが多いそうです。

リビングに置く家具は、それなりに高価なものが多い家庭が多いと思いますので、家具の傷みは気になる部分だと思います。我が家はテレビの後ろ側を付属の紐で固定し、更に家具がはがれない程度のジェルパッドを敷いてテレビの転倒防止をしております。

さすがに60型だと薄っぺらいけれど、不安定なので対策は必須でした・・・。

いつでも見直そう!避難経路と避難場所&非難用具!

非常用のリュックは一度用意してしまうと中々中身の確認をしませんよね?なので、こういった機会に「そういえば、ちゃんと中身はそろっているよね?」ということを確認しつつ、家族で話し合うことが大切だと思います。

1.避難場所は○○に集合!
2.連絡先を(携帯番号など)紙に書いたものを財布などに携帯しておく。
3.地震が起きて被害が大きい場合は、どういった行動をする。

あらかじめ決めておくだけで、非常時にはとても役立ちます。連絡手段は今はたくさんあります。ツイッターやフェイスブックなど色々な手段で「無事」を知らせることができます。集合場所など、あらかじめ決めておくことではぐれることが少なくなります。

備えあれば憂いなし」です。1年に1度だけでも、非難用具の見直しをすると共に、家族での約束事を確認しあうことがいいと思います。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス