記事提供:カラパイア

説明するまでもないナチスドイツを率い独裁指導体制を築いたアドルフ・ヒトラー。

その説得力のある演説がドイツ人民の心を掴み、小規模な地方労働者の政党にすぎなかったナチ党を1200人の巨大政党に成長させて政権を掴んだとも言われている。

ヒトラーの演説は神がかったものであり才能があると言われていたが才能は努力なくして開花しない。人知れぬ努力をしていたようだ。

ヒトラーは、お抱えの写真家、ハインリヒ・ホフマンに演説のリハーサル写真を撮影させ、写真を繰り返し見返しながら、演説中のリアクションを研究していたという。

これらの写真は1925年に撮影されたもので、ハインリヒ・ホフマンはヒトラーに処分するよう命じられていたのだが、ホフマンはその命令に背いて秘密裏に保存していた。

写真は様々な経路を経て流出し、そしてついに白日の下に晒されることとなった。

どういったジェスチャーが国民たちの心をつかむのか、様々なポーズを展開し研究が重ねられていったようだ。

ヒトラーは録音した自らの演説に合わせながら、拳を振り上げ、表情を変え、大きなジェスチャーでイメージを作り上げていった。

そして完成したのが、かの有名なあの演説である。

出典 YouTube

出典:distractify

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス