記事提供:しらべぇ

人気お笑い芸人が、テレビ番組で「女性専用車両はブスばっかり」と発言したことがネットで話題になるなど、なにかと論争になることが多い女性専用車両。

本来は女性を痴漢から守る目的で導入されたものだが、女性はどのような気持ちで利用しているのか?

■女性専用車両を利用する理由は◯◯だから

当サイトが女性140人を対象に行ったアンケートによると、女性専用車両を意識して利用している女性は2割弱にとどまった。

【女性140人に質問】意識して女性専用車両を利用していますか?

意識して女性専用車両に乗っている女性は、そう多くはないようだ。

また、「空いていれば女性専用車両を利用するか?」という質問のアンケート調査を行ったところ、4割ほどの女性が「利用する」と答えた。

【女性140人に質問】他の車両より空いているなら女性専用車両を利用しますか?

最大の導入目的である「痴漢防止」ではなく、少しでも快適に車内を過ごしたい思いから、女性専用車両を利用する女性も一定数いることがわかる。

■女性専用車両に間違って乗車してしまった男性たち

一方、男性は女性専用車両についてどのような考えを持っているのだろうか?

まずは、女性専用車両に間違って乗車したことがあるかをアンケート調査したところ、約3割の男性が「間違って乗車したことがある」と回答している。

【男性270人に質問】女性専用車両に間違って乗車したこがありますか?

女性専用車両が導入されてから、間違えて女性専用車両に乗らないように注意深くなる男性が出てきたのは間違いないだろう。

■「女性専用車両はブスばっかり」なのか?

最後に、人気お笑い芸人が物議を醸した「女性専用車両はブスばっかり」という発言について、世の男性の声をアンケートで調査してみた。

【男性270人に質問】女性専用車両を利用する女性はブスが多いと思いますか?

結果は2割強。多数は人気お笑い芸人の発言に共感を示していないことがわかる。

■女性専用車両問題は難しい

本来、女性専用車両はほんの一部の卑劣な犯罪を犯す者のせいで、不快な思いをする女性が多いことから導入されたものだ。

しかし、女性専用車両に間違って乗ってしまった男性が、車内にいる女性の視線で気まずい思いをすることもあるという。

そんな男性たちの女性専用車両に対する個々の印象論や体験が、女性専用車両にかんして、「ブスが多い」など無根拠な発言につながる可能性も否定できない。

この問題については、個々の印象論を脱し、データを踏まえた客観的な議論が求められると言えよう。

【調査概要】
方法:アンケートサイト「マインドソナー
調査期間:2015/07/05‐2015/07/08
対象:全国10代~50代 男性270人、女性140人

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス