エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」が登場

先日、1600万円の『エヴァンゲリオン オロチ』なるものの展示が発表されたばかりですが、またまたエヴァンゲリオン関連の情報が舞い込んできました。

今度はなんと…エヴァンゲリオンの新幹線!

JP西日本は7月23日、「エヴァンゲリオン」のメカニックデザイナーである山下いくと氏が初号機をイメージした新幹線「500 TYPE EVA」を、今秋から山陽新幹線の新大阪〜博多間で運行開始する「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」を発表しました。

同プロジェクトは、山陽新幹線全線開業から40周年と「エヴァンゲリオン」テレビ放送開始から20周年を記念したものだそうです。

今秋から山陽新幹線で運行開始

「500 TYPE EVA」は、2015年秋から2017年3月にかけて、1編成で午前6時36分に博多を出発するこだま730号と、折り返しの午前11時32分新大阪発の741号が対象で運行される予定だそうです。

車内では乗車中にエヴァンゲリオンの世界観をテーマにしたコンテンツを楽しめる他、さらに2017年3月までの1年半にわたり、記念旅行商品や記念グッズの販売など様々な催しも開かれるようですね。

これはファンにとってはたまらない企画ですね。

さっそく楽しみにしている人たち

斬新なデザインです。

ボツでしょうね(笑)

これは実現できそうですね。

こんなのもあったんですね…。

そして暴走を心配する人たち

それはヤダな…。

とはいえ今秋の運行開始が楽しみですね。

1年半の間に1回は乗ってみたいなぁ…。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス