スタンリッジの愛娘

出典 http://news.goo.ne.jp

真ん中のギータは置いといて…福岡ソフトバンクホークスのローテーション右腕・スタンリッジが抱きかかえている女の子はケインちゃん(2歳)。

彼女はスタンリッジが養子として迎え入れた「娘」なのです。

神戸の児童福祉施設に預けられていた、生後間もないケインちゃんと出会ったのは、阪神からソフトバンクに移籍する直前の2013年のことだったという。第2子が欲しかったスタンリッジが申し出る形で、まもなく共同生活がスタートした。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

養子を迎え入れることは容易では無いのです

養親となる者は、配偶者があり、原則として25歳以上の者で、夫婦共同で養子縁組をする必要があります。 また、離縁は原則として禁止です。

特別養子縁組になる子どものほとんどは、予期しない妊娠、とくに貧困、レイプ、学生、風俗、パートナーの裏切りなど、女性にとってはとても複雑で苦しい状況の中から生まれてくる子どもです。

どんな環境で芽生えた命でも、将来的にどんな病気や障害が出ようとも、自分の子どもとして一生責任をもって守り、愛情豊かに育てていく決意が養親には必要です。

出典 http://happy-yurikago.net

出典 http://www5f.biglobe.ne.jp

自分たちの都合だけで、しかも生半可な気持ちで養子をもらうということはできません。養子縁組をするということはそれだけの「覚悟」が必要なのです。

キャッシュ君の力も大きいはず

出典 http://tora-news.com

実子のキャッシュくん(6歳)。実子と養女が一緒にいる環境は、普通に養子をもらう環境よりも難しい場合があります。

それは法的な問題というよりも、愛情の問題。スタンリッジ夫妻が二人に分け隔てなく愛情を注いだのは間違いないことでしょうが、キャッシュくんがケインちゃんを受け入れてくれたことが一番なのでしょう。

ホークス→阪神→ホークス

出典 http://murtonbaseball.com

ケインちゃんと出会ったのが、阪神からソフトバンクへ移籍する直前だったことを考えるとこれも運命の移籍だったのかもしれません。

2007・2008年はホークスで通算7勝3敗
2010~2013年はタイガースで通算35勝36敗
2014年はホークスで11勝8敗

2015年はシーズン半分を越えたところで既に8勝。これまでの最高勝ち星は11勝ですから、この数字を大きく上回ってくる可能性は高いです。

記録保持者

ちなみにスタンリッジは2014年に外国人選手としてグライシンガー以来、2人目の全球団勝利を達成しています。

それと同時にパ・リーグタイ記録の1イニング3与死球も記録し、退場を食らってしまったという悲喜こもごものシーズンでした。

イエス様は私の力です

出典 https://instagram.com

Tシャツにも書かれている「神様は私の力」。スタンリッジは敬虔なクリスチャンですので。

スタンリッジ家族に神のご加護があることを祈ります。神様こそがスタンの力。阪神様ではなかったということで…

第3子誕生です!おめでとう!

【追記】2016年はマリーンズで「おじいさん」パワー発揮中!

合わせて読みたい?

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 暮らし
  • テレビ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス