「宮崎カレーチーズプリン」は、チーズケーキ専門店のチーズプリンと人気カレー店が出会い誕生した奇跡のプリン。更にカレー専用醤油を使用することで、これまでにない新しい味のカレースイーツが完成したとのことですが… ネットでは「本気?」と言った声が沢山上がっています。

でも、「宮崎カレーチーズプリン」を作っている人達の面々を見て行くと、単なるネタ作りや話題性ではなく、本気で美味しいものを開発した空気が漂って来ます。これはちょっと面白いものが出来上がったのではないでしょうか♪

どんな店が作ったんだろう?

この「宮崎カレーチーズプリン」は日南Sweets Factory MITSUKO(スイーツファクトリーみつこ)で作られたもの。カレーとチーズを一緒にするなんて変じゃないの?ネタじゃないの?って思いがちですが、この店の公式ページを見ると、そんな考えも吹っ飛んでしまうかも。商品へのこだわり見てみると、かなり魅力的です♪

商品へのこだわり

フルーツをお菓子に使おうと思った時、素材を探すために自分の足であちこちの生産者さんを尋ねました。実際に生産者さんとお話してみると、宮崎にはその季節、季節にとっても美味しいフルーツがたくさんあり、それぞれの生産者さんが沢山のこだわりを持って果物を作っていらっしゃいました。そして、その果物には沢山の愛情が込められていました。

お菓子に使う果物は、一般的にはそのままでは売り物にならないような果物を使うのが普通だったりしますが、日南Sweets Factory MITSUKOで利用する果物は全て、素材だけで食べてもおいしい状態のものを使います。一番美味しい状態の果物を使うことで、砂糖などで誤魔化すことも無く、素材そのものの味を引き出して、普通に美味しい商品に仕上がります。愛情を込め、手間隙かけて作られた生産者さんにもすごく喜んでいただいています。

出典 http://mitsuko-sweets.com

より詳しくは公式ホームページでご確認ください!

今回のこの商品は、宮崎のご当地グルメヒーロー「ルウ王子」監修による「華麗なスイーツプロジェクト」の第1弾だそうです。

ところで「チキン南蛮カレー王子」って誰やねん!?

カレー王子は黄色いマスクを被っており、素顔を見たものはいない。 『カレー倶楽部ルウ』というカレー専門店にて、接客をする姿が 多数目撃されており、この店舗の関係者であることは間違いないようだ。 語尾に「ルウ」と付けて会話をするのが特徴で、彼の行動は twitterやFacebookでも垣間見ることができる。

出典 http://www.curryclub-ruu.jp

う~ん、この不思議な感じがなんとも言えません(笑)

このカレーチーズプリンは、日南Sweets Factory MITSUKOで作られた「こだわりのチーズプリン」に、謎のカレー王子の特製の宮崎牛カレーを使用。さらにカレー専用醤油「みやこん醤油」のソースをかけて食べるというものだそうです!

カレー専用醤油「みやこん醤油」のソースって?

名物チキン南蛮カレーのお店「カレー倶楽部ルウ」と、明治4年創業の老舗ヤマエ食品工業がコラボして生み出したカレーに最も合う調味料。それが「カレー専用みやこん醤油」だそうです。なんか美味しそうですね♪

この「宮崎カレーチーズプリン」の制作にかかわった面々を見てみると、その本気度がわかりますね。これは美味しそうですよ!

「宮崎カレーチーズプリン」

出典 http://mitsuko-sweets.com

ほら、とっても美味しそう!

「宮崎カレーチーズプリン」と言ったネーミングだけ聞くと、おいおい!って言いたくなるような組み合わせですが、この商品に関する熱い情熱とこだわりを感じます。7月27日発売で価格は450円(税別)。カレー倶楽部ルウの店舗のほか、日南Sweets Factory MITSUKOのWeb通販などで購入できます。気になる方は、ぜひお試しください。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス