堀江貴文が刑務所の中で外に出たら食べようと夢想い描いた至極のイノベーションカレー、略して『刑務所カレー(超高級)』が販売されました!とにかくこだわりがスゴイので見てみましょう♪

実際に「刑務所の中でのカレー」は、塩分調整の為に味が薄く、具材も少ない。また決まった食堂にて時間内に食べなくてはならない条件下で1人前の量も専用レードル一杯分と管理されていたそうです。また、スパイスの風味も少ない黄色いカレー。それでもカレーは人気メニューであったとのこと。

そこで、堀江貴文さんが「外に出たら食べよう」と夢想い描いたカレーがあったという。それが今回発売された夢想い描いた至極のイノベーションカレー、略して『刑務所カレー』なのです。

カレーのお肉には高級ブランド牛の飛騨牛を使用!

出典 http://horiemon-curry.com

堀江貴文さんは、カレーの肉は柔らかいモノが理想と考えており、高級ブランド牛の飛騨牛を40gも贅沢に使用されています。

ジャガ芋と人参は具材としてゴロゴロ!

出典 http://horiemon-curry.com

堀江貴文さんは、ジャガ芋と人参は具材としてゴロゴロとあった方が良いとの考えで、カレールーに良く馴染んだ上で、ほくほくとした食感と食べ応えのある大きさに!

22種のスパイス

出典 http://horiemon-curry.com

堀江貴文さんの理想のスパイス感をリサーチして生まれた奥深い香りを感じるカレーとして完成。

「イノベーションカレー」とは…

需要と供給のバランスにより、レトルトカレーの大半は必要最低限の素材で安価に買える様に作られている。その結果レトルト臭と呼ばれる独特の風味が目立ち、一般のレトルトカレーのイメージを損なってしまっている。しかし今回のカレーは堀江貴文の理想を元に、風味も具材もトータル的にこだわり、とことん「美味しいレトルトカレー」を目指して作成したものであり、超高級レトルトカレーという未知数の需要に向けたチャレンジである。堀江貴文、カリガリ二木ともに「高級カレー店でそのまま出せる味!」と自画自賛するその味はレトルトカレーの概念を覆す、正にイノベーションカレーなのである。

出典 http://horiemon-curry.com

•肉はとにかく柔らかく

•隠し味には醤油を使ってアミノ酸をたっぷりと。

•トマトの酸味が欲しい。

•スパイス感をしっかり感じるがそこまで辛くない。

•具材はジャガ芋と人参をゴロゴロと。

•ルーはたっぷり。

堀江貴文さんが風味も具材もトータル的にこだわり、とことん「美味しいレトルトカレー」を目指して作成された過程が以下の動画を見たら良く分かります。このカレーは本当に美味しそです♪

この動画を見たら、きっと食べたくなりますよ!

出典 YouTube

本当に美味しそうです!

さて、いかがでしたか?本体価格は税別で1200円。レトルトカレーとしては破格のお値段となっていますが、もともとのコンセプトが「とことん美味しいレトルトカレー」を目指した超高級レトルトカレー。金額が高いのは仕方ないかもしれませんね。
あのホリエモンが認めた味と言うだけで気になって仕方ありません。一度食してみたいものです。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス