今、特ダネやスッキリなど有名なTV番組でも話題となった「迷子ひも」についてあなたはどう思いますか?

迷子ひもとは?

出典 http://www.pikore.com

迷子紐(まいごひも)とは、幼い子どもと連れ立って外出するときに、子どもが急に路上に飛び出して事故に遭遇したり、迷子になったりしてしまうことの監視の漏れを防ぐために、自分(多くの場合は「親」)が紐の片端を常に手にして、先端側は子どもの体や衣服、あるいは子供が背負っているリュックのようなものに結びつけておいて使用する道具のこと。

出典 https://ja.wikipedia.org

ヨーロッパなどでは100年以上前から使われている物

 “迷子ひも”の歴史は中世ヨーロッパにさかのぼる。服に縫い付けられたひも状のものから端を発したといわれ、歩き始めの子供の歩行を助けるものであった。貴族の家族が描かれた絵画にも登場しており、上流階級を中心に普及していたようだ。

出典 http://www.sankei.com

あなたは否定派?肯定派?

特ダネで小倉さんが奴隷の様だと否定

一連のVTRで迷子ひもの現状を知った小倉智昭アナウンサーは、開口一番「僕なんかは、奴隷制度を思い出した」「僕らの時代、子どもいっぱいいましたけど、繋がれてる人は誰もいなかったよ?」とコメントし、迷子ひもの存在を真っ向から否定。

出典 http://news.livedoor.com

スッキリでも賛否両論

「スッキリ!!」が迷子や交通事故を防ぐ子供用ハーネス「迷子ひも」を特集「迷子ひも」についてスタジオで松嶋尚美は「急に飛び出すし、手も振り切る。ごちゃごちゃ言う人は、事故になった時に(子どもを)返してくれないので、心配ならつけた方がいい」宇野常寛さんは「全く意味の無い議論。全体論はいらない」加藤浩次「付けたい人がつけて 付けたくない人は 抱っこするなり守ればいい」医師のおおたわ史絵は「愛情を持って使ってれば問題ない」とコメントした。

出典 http://www.livetvsoku.com

見栄えが悪いのは確か

出典 http://www.gettyimages.co.jp

迷子ひもやハーネスをつけられている子供は基本的に自由にどこにでも歩き回りたい子供なのでとても嫌がっている姿を目の当たりにするかもしれません。その姿はまるで嫌がる犬の様でもあります。こんな時に親がリードを引っ張るのではなく抱っこするなどの対応があれば少しはましになるかもしれませんね。

大事なことは子供の安全と周りに迷惑をかけないこと

迷子ひもの仕様について

賛否両論のある迷子ひもですが、親の使い方ひとつで全く違うものに変わってしまいます。嫌がる子供を引っ張って連れて行くような使い方はせずに、手をつなぐのを嫌がられた時や走り回る元気の有り余る子供などに対して、あくまでも子供が一人でどこかに行ってしまわないサポート的な物として使用することをおすすめします。
幸い私の一人目の子供は一人でどこまでも走って行ってしまう子供や勝手にお店の商品に手を出す様な事はしない子供だったので迷子ひもは使用していないのですが、下の子供は元気が有り余っているようで、一人でどこかに行ってしまう子供になりそうで不安があります。
出来ればどの親も迷子ひもを使用したくないと思ているはず、皆、ペットの様だと言われていることも知っているし、子供には自由にしてほしいと考えているはずだからです。しかし、どうしようもない場合は子供の安全を考えて迷子ひもを使用する必要があると私は思います。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス