季節の行事のなかでも、「土用の丑の日にうなぎを食べる」ことは、世の中でかなり定着している習慣のように思います。ただし「土用って、丑の日ってそもそも何?」「なぜうなぎを食べるの?」と聞かれたら答えられる人はそれほど多くないかもしれません。

土用の丑の日とは?

 土用とは、古代中国で考え出された「五行説」が季節にも割り当てられたもの。五行の思想では、自然界は「木(もく)、火(か)、土(ど)、金(ごん)、水(すい)」の5つの要素で成り立っているといわれています。それを四季に当てはめた時に、木は春、火は夏、金は秋、水は冬の象徴として捉えられ、土はすべての季節の変わり目の象徴と考えられました。つまり土用の日は春夏秋冬、4つの季節の変わり目を指す言葉なのです。
 一方の丑の日とは、十二支の「子・丑・寅・卯…」の「丑」のこと。各季節の土用にあたる期間のうち、12日に一度回ってくる丑の日にあたる日こそが「土用の丑の日」です。場合によっては、同じ季節に2回該当する日がある年もあるらしく、ちょうど2015年は当り年。今年は7月24日(金)と8月5日(水)の2日が「土用の丑の日」に当たります。
 よく言われる「土用の丑の日」は正しくは「夏の土用の丑の日」となります。

 さて、そんな各季節の変わり目に存在する土用の丑の日ですが、夏のこの日にうなぎを食べることが有名なのはなぜなのでしょうか?
その理由には諸説あるのですが、江戸時代に活躍し、日本のダヴィンチともいわれる発明家の平賀源内が仕掛けたというのが通説です。
ある時、夏場にうなぎが売れずに頭を悩ませていたうなぎ屋が、平賀源内に相談しました。当時、巷では「丑の日に『う』の字がつくものを食べると夏負けしない」という言い伝えがあり、それにヒントを得た源内は「本日、土用の丑の日」という大きな看板を店先に出したというのです。
その結果、「物知りな平賀源内先生がいうなら間違いない!」とたちまち広まり、そのうなぎ屋はとても繁盛したんだとか。そして、他のうなぎ屋もそれに習い、土用の丑の日にうなぎを食べることが定着したといいます。

 この話の真偽はわかりませんが「夏バテ防止にはうなぎがよい」というのは日本最古の和歌集「万葉集」にも詠まれています。

『石麻呂に われもの申す 夏痩せに 良しというものぞ 鰻(むなぎ)捕り食(め)せ』

これは大伴家持が吉田石麻呂という人に向けて詠んだ歌で「夏痩せにはうなぎが良く効くから、うなぎを捕って食べたらどうか」と提言しているのです。

 豊富なタンパク質、各種ビタミン、カルシウム、鉄分と体に必要な栄養素がこれでもかというほど含まれている「うなぎ」。みなさんはどのように食べていますか?

土用の丑の日に食べたい「うなぎ」のレシピ

今回は、土用の丑のうなぎ料理のバリエーションとして、お店でもよく見かけるようになった「うまき」をご紹介します。

出典 https://ryorisapuri.jp

118kcal/一人当たり、調理時間20分

材料(4人分)
-------------------------------------------------
卵 3個

うなぎのかば焼き 50g

サラダ油 適量

[A] 昆布だし 80ml

[A] 日本酒 小さじ1

[A] 塩 少々

[A] 砂糖 少々
-------------------------------------------------

出典 https://ryorisapuri.jp

【下準備】うなぎは卵焼き器の幅に合わせて切り揃える。卵は常温に戻しておく

出典 https://ryorisapuri.jp

うなぎに酒少々(分量外)を振りかけて、アルミホイルを敷いたフライパンで軽く焼く

出典 https://ryorisapuri.jp

ボウルに卵を割りいれ、箸を立てて手早くかき混ぜる。
[A](昆布だし、日本酒、塩、砂糖)を合わせいれて、同じようにかき混ぜる。

出典 https://ryorisapuri.jp

油をよくひいた卵焼き器を強めの中火で熱し、卵液の1/3を流し込む。

出典 https://ryorisapuri.jp

大きな気泡をつぶしながら火をいれ、手前に卵を寄せてから、卵焼き器の奥側にすべらせる。

出典 https://ryorisapuri.jp

あいた部分に再び油をひいて卵液1/3を流し込み

出典 https://ryorisapuri.jp

卵焼き器の奥側にうなぎをのせ、芯にしておくから手前にたたむ。

出典 https://ryorisapuri.jp

卵を奥に寄せ、あいた部分に再度油をひいて、残った卵液を流し込む。
再度、卵を奥から手前に折りたたむ。

出典 https://ryorisapuri.jp

卵焼き器から器に移し替えたら、盛り付けましょう。

出典 https://ryorisapuri.jp

「うまき」の完成です!
夜ご飯のおかずのみならず、酒のつまみにもぴったりの一品です。

アプリで動画をもっと詳しく見るなら!

そのほかのうなぎを使ったおすすめレシピ

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら