パンって美味しいですよね。そのままでもそうですし、具材をたっぷり乗せても、また旨みが増すものです。ですが、そんな時にボロボロと具材がこぼれて、恥ずかしい思いをしたり、もったいない気持ちになったりしたことはありませんか?

パンのぼろぼろで、イラッとしてしまっている方もいます。

こぼれるパンってありますよね…

これも悲劇です…

「やっぱりサンドイッチは難しい」という声もありました。

切り方や挟み方を変えるだけでこぼれない!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

買ったパンは仕方ないにせよ、せめて自分でパンを用意するときには、こぼれないパンを作りたいところ。そこで今日は、代表的なパンのメニュー別に、こぼれにくい作り方をご紹介します。特別な道具はいりません!ぜひ参考にしてくださいね。

■トースト(食パン)

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

思い切り具材を乗せて食べるのも美味しいトースト。ですが、平面だけにぼろぼろと具材が落ちやすい…そんな時に役に立つのが、切り込みを入れて、中を凹ませるという方法です。

(1)切り込みを入れる

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

周囲から1cmくらいのところに、深さは4枚切りの場合1cmくらいまで切り込みを入れるそうです。

(2)ナイフで内側を押さえつける

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

(1)の切り込みの内側部分をナイフで押さえつけていきます。最初の写真のように卵を入れる場合は、周囲と中心を低くなるように押さえると、卵が安定して広がるそうです。

(3)具材を入れる

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

(2)で作ったくぼみに具材を入れます。

(4)トーストしたら完成!

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

あとは具材やパンの厚みに応じてトーストするだけ。

堤防決壊の恐れがありませんので、白身が透明なくらい卵が柔らかくてもおいしくいただけます。

出典 http://recipe.rakuten.co.jp

とのこと。他にも柔らかい具材の時に役立ちそうですね!

■ジャムトースト(バケット)

出典 http://www.21pain.com

続いてはバケットに何か具材を乗せるときのコツ。こちらについては、パンに関する著書も多い『パンラボ』主宰の池田浩明さんが、オススメの切り方について語っていました。

水平切り:パンを上下二つに分けて切ったもの。
フランスではこの食べ方が多いのだそう。「断面が広いので(具などを)のせやすいし、ジャムを塗っても皮が受け皿となってこぼれないんです。加えて、皮の風味を感じやすいので、皮を楽しみたい人にオススメですよ」

出典 https://members-club.flets.com

上の写真にもあるように、パンを上下二つに分けて切ると、ジャムを塗っても皮が受け皿となってくれるとのこと。フランス人の食べ方、真似してみたいですね。

■サンドイッチ

出典 http://www.buzfood.com

続いては、つい具を多く挟みたくなるサンドイッチ。こちらについては、”ランチパック風”に仕上げることで、具がぼろぼろこぼれるのを防止することができます。しかもこれ、箸があればできてしまうんです!

(1)片側に具材を乗せて、パンを重ね合わせる

出典 http://www.buzfood.com

(2)重ね合わせた端を、箸でぎゅーっと押し付ける

出典 http://www.buzfood.com

(3)もう片側も箸で押し付ける

出典 http://www.buzfood.com

(4)短い辺もくっつけたら出来上がり!

出典 http://www.buzfood.com

とても簡単に”ランチパック風”のサンドイッチが完成しました。

パンは、しっとりとしていた方がよくくっつくので、しっとり度が少ないパンの場合は、パンをラップにくるみレンジで20秒程温め、しっとりさせてから くっつけるとよくくっつきます♪今回は子ども用でミニですが全形を2枚重ねてもOKです!

出典 http://www.buzfood.com

とのことです。

■ホットドック

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ソーセージがパリッと美味しいホットドック。大型スーパー『コストコ』でも人気商品のようです。こちらを上手に食べる方法を紹介している動画がありました!

出典 YouTube

ソーセージを最後に乗せて蓋代わりにする、これがポイントのようです。自宅で作る時にも参考になりますね。

【番外編】メロンパンの「ぼろぼろ」は?

出典 http://oriminebakers.com

筆者が”パンのぼろぼろ”を検索していたら、予想以上に多くの人がメロンパンを食べる際の”ぼろぼろ”にお悩みでした。そこで解決策を探していたところ、こんな回答を見つけました。

やはりビニールから全部出さずに食べることでしょう。うまく回しながら最初にビスケット部分を攻め、後からゆっくりパン部分を仕留める。ビスケットを最後にというこだわりがあるなら、敢えて先にちぎってビニールに入れてキープもありだとおもいます。後油断して大口や、出したり、ちぎったりすると砂糖が飛び散るので、小口でゆっくり、味わいながら食べてください。良いメロンパンライフを!

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

とのことです。ビニール袋から全部出さずに、ビスケットの部分とパン部分をうまく食べ分けたり、小口でゆっくり味わったりすることがポイントなんですね。

いかがでしたか?切り方や挟み方、食べ方を変えるだけで、パンがぼろぼろこぼれるのは防げるものなのですね。筆者もとても勉強になりました。皆さんも今回の情報をもとに、ぜひ素敵なパンライフをお過ごしくださいね。

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス