記事提供:しらべぇ

ラインナップの入れ替わりが激しい、チェーン系飲食店のメニュー。既になくなってしまったメニューを思い出し、「あれがまた食べたい…」と懐かしむことがある人は少なくないだろう。

ということで今回、全国の成人男女119名(有効回答数)からフリーアンサーを募集し、「復活して欲しいチェーン店のメニュー」を答えてもらった。得票が集まったトップ3を紹介しよう。

■3位:吉野家「豚丼」:5票

「吉野家」には現在(2015年7月)も豚肉を使った“丼”のメニューはあるが、ここで回答者から寄せられているのは、2003年の「BSE問題」による牛肉不足の影響から2004年以降本格的にメニューに登場した“豚丼”だ。

「今ある“豚丼”ではなく、BSE問題で牛丼が販売中止になっていた期間に出されてた豚丼。あれが好き」

「あの豚丼がまた食べたい!」

出典しらべぇ

といった声が見られる。この“従来タイプ”の豚丼は、2011年12月に販売が終了している。

■2位:幸楽苑「中華そば」:7票

税抜290円という安さで知られていた「中華そば」が2位にランクイン。2015年5月26日に販売を終了したばかりだ

原材料費の高騰などを理由に販売終了したこちらのメニュー。代わりとなりそうなメニューもあるものの、やはりこの代名詞的な一品を懐かしむ人が既にあらわれているようだ。

■1位:マクドナルド「チキンタツタ」:8票

ご存知、日本オリジナルメニューとして開発されたマクドナルドの人気商品「チキンタツタ」。レギュラーメニューとして販売されていたのは、1992年から2004年2月までだ。復活の要望は根強く、その後幾度にわたって期間限定販売されている

なお、同じくマクドナルドの商品で3位を上回る6票を獲得したのが、「月見バーガー」だ。

ただしこちらは、“復活”ではなく“通年化”を望む声。「月見バーガーを年中食べれるようにしてほしい」という声が主だったため、ランキングからは外させてもらった。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年6月19日~2015年6月22日
対象:全国20代~60代の男女計1656名から抽出

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス