記事提供:まだ東京で消耗してるの?

独立相談みたいな話をすることがあります。

「スキルがないから独立できない」?

「私は特別なスキルがないので、独立は難しいと思っています」という人をよく見かけます。

まぁ、特別なスキルがあればそりゃ独立はしやすいですが、基本的に「順番が逆」なんですよ。

スキルは、独立した「あと」についてきます。本当に。独立する前にスキルを付ける、というのはむしろ遠回りだと思いますよ。

というか、独立する前につけたスキルなんてものは、実際にいざ会社を辞めてみると、ぜんぜん役に立たなかったりします

ぼくはマーケティングコンサルタント時代、エクセル&パワポ資料作成スキルを磨きまくりましたが、独立してから一切使うことがなくなり、完全に退化しました。

特にエクセルは、まともにグラフが書けなくなっていて驚きました。ほら、下の線に「月数」を入れたいんですが、どうやっても入らないんですよ…。

当たり前ですが、独立したあとに役立つのは、独立したあとに身につくスキルです。

具体的にいえば「業務を外注する能力」「体調管理能力」「経営指標を管理する能力」「経費削減能力」「プレゼン能力」「製品・サービスを差別化する能力」などなどなど…。

ぼくは独立してから明らかに数字に強くなりました(freeeのおかげです)。サラリーマンはやっぱりヌルいですよ。いくら売上稼いでも、給料たいして変わりませんから。

独立したら売上=収入なので、自然と数字に対する感度が高まり、事業の方向性についても悩むことになります。

(freeeの収支管理グラフ。これ便利なんです)

その意味で、「スキルがないから独立できない」と考えている人は、いつまで経っても会社を辞めることができないでしょう。

別にそういう人生もいいと思いますが、あんまりワクワクしない気がします。思い切って飛び込んでしまえば、案外なんとかなりますよ。

安全な環境を飛び出すと、周りが支えてくれる

あとは、いざ独立すると、周囲の人たちがけっこう助けてくれるんですよ。これはサラリーマンやってるとダメです

ぼくもサラリーマンブロガーなんて、助ける気がしませんねぇ。だって、ぼくが助けなくても生きていけるじゃないですか。

一方で、「イケダさん!オレ、会社辞めちゃいました!プロブロガー目指します!」みたいな人は、やっぱり助けたくなります。

そんなわけで、この夏、アシスタントを1人増やす予定です。公務員辞めてブロガー目指すクレイジー(おばか)な若者が飛び込んできまして…。とりあえず1年、面倒を見ます。

スキルなんてものは、そういう「支え」のなかで、簡単に磨くことができます。心身が健康であれば、もう大丈夫。時間に比例して、能力は勝手に伸びていきます。

ぼくも独立当初、いろいろな人から講演・研修の仕事をいただきました。人前で話すのなんて、ほとんど経験ありませんでした。が、期待に応えようと努力するうちに、いつの間にか得意な仕事になっていきました。なんでもそういうものかと。

必要なのは「勇気」なんですよ。「スキル」ではなく。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス