何もない空間にデジタルな光の映像を投影することができるアイテムが登場しました。テーマパークやプラネタリウムなどといった大がかりなものではなく個人が扱える品物です。百聞は一見に如かず、まずはこちらをご覧ください。

アイテム名は『グラフィックポイ』

出典 YouTube

完全に魔法です。ゲーム画面の中で浮かび上がる魔法陣を連想しました。10年前には折り畳み携帯が主流だったのにあっという間にスマホ全盛期になり、映画は3Dどころか4DXという体感型システムが登場し、デジタル社会は加速しています。絶対に裏で手を引いている宇宙人とか秘密結社とか天才集団がいると思っていますが人類はこんなものまで発明するところまできました。

グラフィックポイデラックス 72

出典 http://poicommunity.com

こちらが気になるアイテムの正体です。完全受注生産!お値段は199,980円から!!

そもそも「ポイ」とは?

出典 http://poicommunity.com

ポイとは紐の先におもりがついたパフォーマンス・ジャグリング道具、または道具を用いた踊りのことで、二つ一組で使います。ニュージーランドマオリ族を起源とし、マオリ語でボールという意味を持ちます。

近年になり、ポイの先端部分に火やLED、テール(尾)などを付けた新スタイルのポイが誕生しました。ジャグリングやファイアーダンスの一つとして世界中で進化し続けています。

出典 http://poicommunity.com

出典 http://poicommunity.com

これはLEDのついたライトアップポイの画像です。ジャグリングやファイヤーダンスの一種と言われるとたしかにそんな感じがしますね。

出典 http://www.naranja.co.jp

長い靴下の中にテニスボールを入れるだけのポイもあります。ボールの代わりにお手玉などでも良いそうです。ちょっとした重しになれば良いのでしょう。ちなみにこれは「ナランハソックスポイ」という商品です。

この美麗グラフィック!世界に誇れる日本製

出典 http://poicommunity.com

本来ポイは、炎やLED、布で作ったテールなどを回転させ、空中に描かれる軌跡と身体表現でパフォーマンスを行ってきました。グラフィックポイは特殊なLED基盤をポイとして使用しており、高速に点滅させることにより空中に画像や文字を描く魔法のような道具です。
予め作成した画像を指定の時間表示させるプログラムを作成しポイに読み込ませっれば、音楽にシンクロさせたパフォーマンスが可能です

出典 http://poicommunity.com

グラフィックポイの第一人者は日本人!

出典 https://plus.google.com

歴史はまだ浅く、一般販売が始まったのは2012年。国内で初めてグラフィックポイを使用した第一人者のYuta氏は、世界的にも影響力のあるポイの第一人者になります。プロモーションビデオはスロバキアで撮影され、その後チェコ、ロシア等でも製造が始まりました。

繊細な感覚と高いパフォーマンス力

出典 https://www.facebook.com

グラフィックポイを使用するためには高いポイのパフォーマンス力だけではなく、音楽に対して緻密にプログラムを組み、視覚的にインパクトのある効果を組み合わせる、繊細な感覚が大切です。

出典 http://poicommunity.com

観客側はグラフィックポイの美しい光の残像を見ています。これだけハッキリと美しく見せるには相当な技術がいるのだということが想像できます。写真撮影にも特殊な技術が必要なようです。

近未来は現代の数歩先に

出典 YouTube

広がる光の可能性に期待!

出典 https://plus.google.com

こんな素晴らしい魔法のようなアイテムが日本で開発され、知識も技術も併せ持つ第一人者も日本人とは、すごく誇らしいことですしワクワクしますね。かつて夢見た魔法の世界が現実になっていくのは、とても楽しいです。Yuta氏の今後の活躍を見守りつつ、いつか自分もポイに触れてみたいと思いました。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス