日本では、卒業シーズンの春は別れの季節だが、イギリスでは夏が別れの季節だ。卒業式は6月か7月。夏休み明けの9月に新学期が始まる。

ボルトンの学校で教師をしているクリス・ヒル(29歳)は、6年間受け持った生徒たちが9月に新しい高校へと巣立って行く記念に、特別プレゼントを用意した。

それは…アナ雪のLet It Goの替え歌だった!!

出典 http://www.dailymail.co.uk

エルサの衣装もバッチリキマっているクリス。スマホで録画しているのは、教頭先生だ。しかしこの教頭先生、録画の度に笑いを堪えられなかったので、後でクリスは大掛かりな編集をしなければならなかったという。

クリスはとんでもなく音痴だった

出典 http://www.dailymail.co.uk

この映像を後で見た校長先生「有難いことに、クリスは歌手としてよりも教師としての素質の方がありますね。」とコメントした。クリスはとんでもなく音痴だったのだ。しかし、6年間自分と共に成長してくれた可愛い生徒に、ありったけの想いを込めて歌うクリス。

Let It Go! ならぬ Off You Go!で生徒を見送るクリス

出典 http://www.dailymail.co.uk

「最高の6年間だったよ。」と感慨深く語るクリス。「最初はみな、本当に小さくて幼かったんだ。でも毎年しっかり成長してくれて。6年間担当できたことを本当に感謝しているよ。」

イギリスは4歳から小学校が始まる。日本のように小・中・高といった区別ではなく、小学校と中学校が同じ学校で違う校舎という学校もある。クリスは、4歳から9歳までの6年間を担当した。

卒業した生徒は今度は新しい学校に行く。たくさんのセンチメンタルな感傷と、生徒たちへの励まし、感謝、将来へのガンバレ!を込めて歌った「Off You Go!」(さぁ、卒業だよ!)は、めちゃくちゃ音痴ではあるが、クリスの面白くて、思いやりのある言葉で溢れている。

「9月から人生の新しいスタートだ!」

出典 http://www.dailymail.co.uk

「ドキドキワクワクな気持ちだろうけど、新しい学校に行っても君たちは君たちらしく。さぁ、これからは何ができるかチャレンジしてみる時が来るよ。新しい学校、新しい友達、全てが新しいスタートだ!!」

出典 http://www.dailymail.co.uk

「録画しているのを子供達に見られたらマズいから、隠れなきゃいけなかったんだ。卒業式のパーティーで、この映像を見た生徒の両親達もすごくウケてくれてたよ。子供達のなかには、泣き笑いしてる子もいたね。」

出典 YouTube

クリスにとって6年間が特別だったように、きっと子供達にとってもクリスと共に過ごした6年間はいい思い出になったことだろう。9月から新学期。クリスの言うように新しい学校で新しいスタートを迎える。

それぞれの想いを胸に、また、クリスの期待に応えるためにも、卒業した子供達はまた9月からも元気で頑張ってほしい!

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス