今注目のIVAN(あいばん)!

出典 https://instagram.com

奈良県出身、埼玉育ち。メキシコ人の母とスペイン×日本人のハーフの父の間に産まれたクォーターIVAN(あいばん)。最近テレビでも良く見かけますね。

タレント、ミュージシャン、役者と様々な顔を持つ彼女。歯切れの良いトークも人気で、トークアプリ755の自身のアカウントでは、悩める女子に深イイアドバイスをしてくれることでも話題になっています。

男と女、両方のモデルとして活躍中

出典 https://instagram.com

2004年には、パリコレモデルとしてランウェイを歩いたこともあるIVAN。オネエであることをカミングアウトし、「私生活は完全女子!」という彼女ですが、メンズモデルのお仕事も継続中。自身のブログで綴るIVANのモデル業にかける意気込みがとても素晴らしいのでご紹介します!

久々、メンズモデルとしてのお仕事…

そして午後からは久々にメンズ雑誌GQ JAPAN の 撮影…
もちろん、メンズモデルとして…

ぶっちゃけ、ちゃんとしたファッション誌でのハイブランド な撮影が久々過ぎて…

大丈夫かなぁ、、って思ってスタジオ入ったけど、服来てカメラの前立つと自然と身体と目付き、ポージングがスラリスラリと溢れ出してくる…

あぁ、、染み付いてるんだ、やっぱりって改めて思った次第

出典 http://ameblo.jp

男女の使い分け

少しスローな昨日はメンズのお仕事の為に全OFFしたマツエクとネイルを復活させにいってきましたの

出典 http://ameblo.jp

メンズのお仕事の際には、マツエクやネイルなど普段から染み付いている女子系要素はすべてクリアにするというIVAN。プロ意識として当然のことかもしれませんが、やはりすごいと感じてしまいます。

ショーでは手を振りません

基本、メンズルックでのランウェイは本業と言いますか、IVANと言うモデルが生まれた場所なので、、私の水槽なので…泳ぎやすいです

でも、やっぱり緊張感が無くなる事は一生無いし、このウォーキングをしている時の意識が 歩くマネキンって事は変わらない。
だから、ファンの皆には悪い事しちゃうけど、かっこいい服を魅せるファッションショーでは基本、手を振りません。

出典 http://ameblo.jp

仕事は誇りを持つ事

今日は久しぶりに自分のメンノン時代の写真を見て、メンズレディースのウォーキングをしました…
いやー、さすがにメンノン時代の写真を見るのは恥ずかしっ

でも、演者の皆様に言われて改めて思う、私はプロとして、誇りを持ってメンズを演じ続けるんだなーって

私が築き上げたプロフェッショナルは嘘じゃないし、偽物じゃない。

ちゃんとした努力の結晶なんです♡

ユニセックス、ジェンダレス、メンズレディースモデル、今の私にしか出来ないプロフェッショナルをこれからも魅せて行けるように初心思い出す収録でやんした♡

とにかく私はIVANと言う常に希望と進化に満ちた素敵な人間なろ

私は中途半端はきらい。

気分で性は決められない根っからの女の子、、

でもプロフェッショナルのスイッチいれたら、とことんカッチョいいメンズ魅せたります

出典 http://ameblo.jp

夢の舞台に、女の子のモデルとして…

私ね覚えているんです、10年前、いきなり聞かされた東京ガールズコレクション…

いいなぁ~、、出たいな~って。。
でも、ガールズコレクションだから…て。

まさかこんな日本最大級のファッションショー、ファッションフィエスタになるなんて…

10年越しにちゃんと1人の女の子のモデルとしてこの舞台のランウェイを歩けるなんて…
胸がいっぱいになる限りです♡

夢ってね、叶うものなんです。

そこに向かえば、壁や、邪魔する石ころに躓いたりするかもしれ無いけど、先に見えてる物、事、ビジョンに向かえば誰だって何処にだって行ける。

私がいけたんだもん^ ^

出典 http://ameblo.jp

挑戦し続ける姿勢

ドラマって私、子供の頃凄く凄く憧れて、、でもモデル同様 自分の外見のコンプレックスから絶対に私なんかが出れる訳なんか無い、ファンタジーの又夢の世界だった…
まさか私がって、小さい頃思ってた。。

まさか私みたいなおデブちゃんがモデルなんて…

まさか、私みたいな外国人顔がドラマなんて…

でも、夢と希望。ビジョンだけは密かにハートにあったから。。
やって見ないとわからない、トライして見ないと本当の自分のエネルギーとパワーには気が付かない。。

足元見る前に全力で前見て突っ走って、ころんだら笑って又突っ走しる!気が付けば決めてたゴールなんか直ぐに突破。

新しいゴールに向って突っ走ってる

人間、可能性は無限大で、全て自分次第。。

出典 http://ameblo.jp

ジェンダレスモデルの代表になりたい

中性の代表だなんておこがましい事は言えませんが、求めて頂ける限り、精一杯このジェンダレスの魅力を世に伝えて行ける存在になれたら最高です。。

これからも ショーだけじゃなく、色々な場面で性別の壁を素敵に超え、繋げて行けるように頑張ります!

わたしが先輩方に頂いたような希望と勇気を私も次世代の方達に届けて行けますように

出典 http://ameblo.jp

モデル業は、服の魅力を最大限に引き出さないといけない難しい仕事だと思います。それを“男”と“女”、両方でやってのけるIVAN。世界的にも珍しい、彼女にしか出来ないことだと思います。

きっとたくさんの葛藤も苦労もあったと思うのですが、彼女のブログの言葉は前向きでパワーに溢れていて、とても元気をもらえます。これからますます進化しそうなIVANから、目が離せません!

この記事を書いたユーザー

hinagon このユーザーの他の記事を見る

主婦暦5年目の34歳。5歳のダウン症の娘、2歳のやんちゃ息子と旦那1人の4人家族。田舎育ち。実家は牛の放牧をしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス