「近所の人に驚かれてからは、格好悪くて外出したくない。」社交的な性格がすっかり内向的になり、仕事でお客さんとの接客にも影響が出るように。イギリスのハートフォードシャー州に住むシャーロット・ベートマン(49歳)は、深刻な歯周病によりヴァンパイアのような牙が生えて来たのだ。

何度も歯医者に行くが診断してもらえず

出典 http://www.dailymail.co.uk

シャーロットは1988年からその歯科医院に通っていた。「信頼していたのに。」そう彼女は言う。歯茎が痛みだして、何回か通ったにもかかわらず適切な治療をしてもらえなかったために、シャーロットの歯茎は深刻な歯周病に。

まるでヴァンパイアの牙のような歯に

出典 http://www.dailymail.co.uk

歯茎が衰え、歯自体にも影響が。まるでヴァンパイアの牙のように二本の歯が伸びてきたのだ。「ウエディングケーキを作るお店で仕事をしているんです。お客さんとしょっちゅう顔も合わせるし、こんなみっともない歯になってすごく辛くて。」

暫く会っていなかった近所の人に会った時、シャーロットの歯をみて驚かれたという。「それ以来、もう家から出るのが嫌なのよ。」自信をすっかり失くしてしまったシャーロット。

思いきって裁判に出た

出典 http://www.dailymail.co.uk

シャーロットの歯周病が悪化したのは2011年。去年3月にシャーロットはたまりかねて、専門家に相談。裁判を起こした。裁判ではかかりつけの歯科医は、責任を認めなかった。しかし1年続いた裁判はシャーロットの勝利となった。

賠償金で今後はインプラント治療を

出典 http://www.dailymail.co.uk

シャーロットは25000ポンド(約480万円)の賠償金を手に入れた。深刻な歯周病のせいで、いずれシャーロットの歯は全て抜けてしまうということなので将来はこのお金でインプラント治療をするということだ。

「早く治療が完成してほしいわ。そしたらまた前みたいに顔を上げて歩けるわ。」歯周病には気を付けないといけないとは知っていたが、歯茎の病気で牙まで生えるとは知らなかった筆者。読者のみなさんも、くれぐれも気をつけて頂きたい。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス