記事提供:Entame Plex

7月18日(土)、渋谷ヒカリエホールにて行われた「HAWAI’I EXPO 2015」に、モデルの道端ジェシカが登場した。

このイベントは、ハワイ州観光局が主催を務め、「観て:視覚」「触って:触覚」「聴いて:聴覚」「薫る:嗅覚」「味わう:味覚」の5感で、ハワイを体感できることをコンセプトとしている。

こちらは、同日と明日の2日間開催される。会場には飲食や物販のエリア、ハワイ関連企業や旅行会社のブース、ワークショップなどが軒をつらね、ハワイの魅力を存分にアピールした。

また妖怪ウォッチのブースには、ハワイのキッズ親善大使となったジバニャンやケータなどの人気キャラクターが姿を見せ、子供たちを喜ばせた。

イベント会場中央のステージでは、フラダンスやライブなどのパフォーマンスが展開し、トークショーのゲストとして道端も登壇。ハワイ州観光局ビューティー親善大使を務める道端が、ハワイを語った。

道端によると、ハワイ州には仕事もプライベートも含め、多いときは年3~4回ほど訪れるという。

道端は「ハワイ出身でも、アメリカとのハーフでもなんですけど」と前置きつつ「第2の故郷と呼ばせてもらっているくらい大好きな場所」と、ハワイの印象を口にした。

道端は「初の海外ロケがハワイのマウイ島だった」とのことだ。中学2年生だった当時、初めて訪れたハワイの魅力にとりつかれたという。

現在、行った際にはスイム、ラン、自転車などを楽しむそうで「(現地で)アクティブなのが好き」と笑顔を見せ「ホノルルマラソンにもいつか出たい」と意欲を見せた。

ショー中盤には、道端のメイクも手がけるメイクアップアーティストの早坂香須子もステージにあがり、「美」についてトークを展開。10年以上の付き合いがあり、ともにハワイロケも多いふたりは、ハワイならではの美しさの追求方法を明かす。

道端はハワイに行った際「ノニフルーツ」を必ず口にするという。それを使用した「ノニジュース」は栄養価も高く、道端いわく「万能薬」とのことだ。

すると早坂も「ココナッツオイル」の効用を持ち出し、「朝起きたら必ずオイルでうがいをする」とユニークな使い方を伝えた。

早坂はこの方法を道端から学んだそうで、道端は「ココナッツは歯を自然と白くする。歯医者嫌いの人にはすごくいいと思う」と提案した。

そのまま「ココナッツオイル談義」は続き、早坂が「コーヒーにオイルをたらす」とコメントすると会場からも驚きの声が。

すると道端は「オイルが表面に浮くのが気になるかたは、ジューサーにかけると乳化してカフェオレのようになる。紅茶ならミルクティみたいになる」「飲むとすごく美味しい。これは色々なかたに試してもらいたい」とアピールした。

さらにふたりは、オイルをバターの代わりとしてパンに塗ったり、シャンプー前、髪になじませたりなど、多くの活用法を熱弁。食べても良し、美容に使っても良しと、さまざまな応用の方法をトークしていた。

また道端は、タヒチの宝とも言われるタマヌの実から精製する「タマヌオイル」についても語り「肌の再生能力がある。日焼け止めや傷跡にもぜひ」と観客に勧めていた。

話は尽きず、そのままトークは終了。

道端は最後に「ハワイの魅力はだれが訪れても、楽しめるところ。とにかく楽しいところがたくさんで、旅行に行った人も『楽しくなかった』って聞いたことがないんです。一度行ったら大好きになるんじゃないかなって思います」と改めてアピールし、場を締めくくった。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス