記事提供:まだ東京で消耗してるの?

ちょっとアップデートしておきます。

稼ぎやすくなってきています

ブログのみで生計を立てる「プロブロガー」になってから、3年が経ちました。

基本的にはこの商売は「無理ゲー」で、新規参入はあんまりおすすめしません。毎月2~3万ならすぐに稼げますが、毎月20~30万円となると途端にハードルが上がります。少なくとも3年はかかると思った方がいいでしょう。

なんですが、ここ最近、「ブログで稼ぎやすくなってきている」感じがするんですよ。意外かもしれませんが…。

アフィリエイト

たとえば「アフィリエイト」。

少しずつではありますが、ブロガーが扱える商材が増えてきたように感じます。ASP側もブロガーに注目し始めた…ような気がしています。

うちも昨年末からアフィリエイトを本格的に取り入れ、売り上げがだいぶ上がりました。アフィリエイトだけで年間500万円は確保できそうです。

関連カテゴリ:アフィリエイトを極める:まだ東京で消耗してるの?

有料サロン

もひとつ「有料サロン」。

これは爆発的に売り上げ増えます。まだ手をつけている人は少ないですが、今後、ブロガーにとっては超重要な収益化手段になっていくでしょう。うちは60万円くらい収益出ています年間にすると約700万円ですね

KDP

まだあります。KDPことKindle自費出版も「稼ぎやすい」手段です。

それなりに力のあるブロガーなら、一冊発行して50万円の収入を得ることも難しくないはず。ぼくも年内に一冊書く予定です。100万円くらいの収入を見込んでますが、どうなるかな…。

オウンドメディアでの執筆

ついでにいうと、「オウンドメディア」の予算がブロガーに回りやすくなってきている感じもあります。

ぼくもFUTURE LEAGUEという、株式会社UDSが運営するオウンドメディアで連載持っていたりします。もちろん、ちゃんと原稿料もらってます。

これからは出版社ではなく、企業から原稿料をもらう時代なのです。ブロガーによっては、オウンドメディアの寄稿だけで食べていくことも全然できるはず。暇女とかそんな感じなのかな。

ぼくのリアルな売り上げ予測を公開します

というわけで、プロブロガー3年目のぼくの収入は、こんな感じを予想しています。年商で考えてみましょう。

・バナー広告、記事広告:200万
・アフィリエイト:500万
・サロン:700万
・他媒体からの原稿料:50万
・講演・ワークショップ:50万
合計:1,500万円

というわけで、「イケダハヤト」くらいのレベルだと、ブログ運営は概ね年商1,500万円くらいの事業規模のビジネスになる感じです。やり方によってはまだ伸ばせそうなんですが、やや控えめな予測としてこんなもんで。

自分で言うのもなんですが、ぼくは個人ブロガー業界では、割とトップクラスのアクセス数と知名度を誇ります。「ブロガーの王」と呼びなさい。はい。すみません。

個人ブロガーはトップクラスで1,500万円程度の年間売上がある」というと、夢があるんだかないんだかわかりませんが、まぁ小規模なチームで楽しく生きることはできますね。

トップクラスのYouTuber、トップクラスのスタンプクリエイターはもっと収入あると思うので、相対的に見るとブロガーはそこまで「美味しい」市場ではないような気もします。

なので、単純にお金が欲しいだけなら、もっと違うやり方をおすすめします。ブロガーは基本的に無理ゲーです。文章書くのが好きじゃないとやってられませんよ、これは。

ただ、今後もブロガーに流れてくるお金の量、お金の経路は増えていくようにも感じています。「2:8のルール」ではありませんが、こういうのはトップクラスの人にお金が流れがちなので、「稼げるブロガーはさらに稼げるようになる」と見ています。

高知で色々仕掛けたいので、無理をしない範囲でお金はなるべく稼ぐ方向で考えています。ここら辺は移住をして考え方が大きく変わった点ですね。

というわけで、ブロガーの方々は、ぼくの「稼ぎ方」を見ておくといいですよ。有料サロン「イケハヤブログ塾」では稼げるノウハウ提供&収益化の個別相談に乗ってますので、気になる方はぜひ。えぇ、こうやって稼ぐ感じです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス