子供の頃の共通した話題に、「遠足の時、バナナはおやつ代に入るのか?」というのがありますが、それ以前に私は疑問があります。バナナってそんなに持って行きました?

私は実を言うと、あまり持って行った記憶がありません。廻りの友達もあまり見かけなかった気がします。

あれはやはり、ギャグなんでしょうか?

おやつの予算は500円だった?

最近、ふと子供の頃の懐かしい思い出に触れる事があり、その中で蘇った記憶に、この遠足のおやつがありまして・・・。

大概は学校の帰りに友達と一緒に買ったり、一旦家へ帰ってから姉と買いに行ったり、という事が多かったのですが、私の記憶の中では、おやつの予算は500円まで、なんです。

でも、いろいろ聞いたり調べてみると、300円というのがかなり多いようですね。それから、500円というのは、もしかしたらうちの予算だったのかも知れませんが・・・。

この予算も、『何処で買うか?』にも拠ると思うんですね。
駄菓子屋やスーパーでは全く違って来ますし、最近だとコンビニで買う子もいるでしょうから、そうするとまた事情は変わります。

私はスーパーや〇〇商店みたいな、近所の食料雑貨店のような所がメインでした。内容はスナック菓子1袋に、グリコカプリコ1本、チョコレート菓子、飴またはキャラメルなどで大体400円〜500円で収まる感じです。

この、おやつの買い方、組み合わせのバランスって非常に重要だった気もします。スナック菓子一つ取っても小袋にすれば、例えばキャベツ太郎みたいな物やポテトチップスなど2種類いけるわけですよ。

ちょっと予算が余ったら、チロルチョコみたいな物を足したりして。

これを子供の頃から上手く出来ていたか否かで、将来の経済観念にも反映されているような気がします。

年度初めから引き上げられた消費増税の波は子どもたちの財布にもじわりと押し寄せている。遠足シーズンが始まり、市内の大型スーパーや菓子店ではお菓子を購入しようと小銭を握りしめた児童生徒が売り場に駆け込む姿が目立つ。遠足に持っていけるおやつの値段は平均278円。子どもたちは陳列棚の値段表示ににらみを利かせ、両手の指を使って代金を計算するなど頭をフル回転だ。市内の各学校の遠足は2日がピーク。子どもたちが遠足に持参するおやつは、今年はいつもと違うかもしれない。

出典 http://www.y-mainichi.co.jp

最近は、消費税率の関係もあり、子供のおやつ事情もなかなか厳しいようですね・・・。
それにしても、あれ?今も予算が変わっていないとは、景気も反映されているんでしょうか?

「遠足のおやつは300円まで!」。小学生のころ、先生に口酸っぱく言われたワードではないでしょうか。内緒で多めに持ってくると、同じクラスのチクリ屋に「先生、○○さんが400円分くらい持ってきています!」と言われたものです。そんな上限金額が設定されていた遠足のおやつですが、皆さんは限られた予算の中でどんなものを購入していたのでしょうか。

出典 http://news.ameba.jp

あれ?何だか300円が多いですね・・・。
私が買い過ぎていたんでしょうか。しかも、必ず買う物に私はグリコカプリコが入っているのですが、滅茶苦茶1人で食べる気満々ですよね。
でも、外せなかった。

遠足のおやつでの父の思い出から考察する男性の買い物

ところで、今考えると何故なのか疑問なんですが、一回だけ父がおやつを買ってきてくれた事があるんです。

何らかの事情で恐らく母が頼んでいたような気がするんですが、私が行く事も出来るのに、何故なのか覚えていません。
とにかく、父が仕事帰りにおやつを買って来た事が一度だけあるんですね。

それが、今でも非常に衝撃的に記憶しているおやつの思い出なんです・・・。

「ほら、買って来たぞ。」
帰宅後、ニコニコしながら嬉しそうに父が渡してくれたそのおやつは、まさかの1袋だったのです!あまりの斬新さに声も出ませんでした。

およそ100円分??
いえ、違います。大袋のお菓子なんです!同じお菓子が大量に入った、大袋のお菓子が1袋!アソートでもなく、全部一種類の味!

予算には達しているけど、まさかの一種類って・・・・。
しかも、遠足は翌日です。遅い時間に帰宅した父。もう買い直しにも行けません・・・。
遠足は、何処で休憩しようが、ひたすら同じおやつを食べていた気がします。

『友達とおやつ交換しなかったの?』
なんて思う方もいるでしょうが、当時の私は恥ずかしさが勝ってしまい、自然と人から離れ気味になっていました。

でも、大人になってから考えてみると、これって非常に男性がやりがちな、買い物の失敗例でもあるんですよね。

女性は多くの場合、食材を買いに行くにしても、数日分まとめ買いが出来たり、他の料理にも流用出来そうな食材を買ったりするのが上手い方が多いと思うんです。
でも、ご主人に頼んだら一食分しか買って来なかった、なんて話は非常に良く聞きます。

世の奥様が、夫に対してガッカリする場面の一つだったりするんじゃないでしょうか?

それに、良く考えてみると、当時は男子なら、たまにこういう、おやつが大袋1つだけ、なんて強者はいたような気がします。
本人がそれだけ食べたいなら、それは成立しますが、やはり浮きますよね・・。

父のおやつも、そんな感じの、単なる男性にありがちな不器用な買い物例の一つに過ぎなかったんだろうなあ、なんて考えると、何とも可笑しくなります。

今だから笑える話ですが、いまだにしっかり記憶しているほど、衝撃で悲しい遠足のおやつでしたけどね。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス