7月も後半にさしかかり、いよいよ夏本番。冷房をつければ涼しく過ごすことはできますが、ずっと冷房に頼っていては体調も崩してしまう可能性がありますし、何より電気代が…。というわけで、夏を少しでも涼しく過ごすためのちょっとした工夫をご紹介します。

①窓の開け方を工夫して風通りを良くする

出典 http://www.gettyimages.co.jp

暑くても、ちょっとした風があれば少し涼しく感じますよね。一般的には風速1mに付き1℃程冷たく感じると言われています。でも、ただ窓を開けても風が通り抜けるとは限りません。

窓の開け方のコツ

出典 https://www.ykkap.co.jp

・風の「取り入れ口」と「逃げ口」ができるだけ対角線上になるように窓を開ける
・入り口となる窓は15cmくらい、出口は全開すると風の通りが良くなる。
・複数の窓を開けると、空気がよどむ場所が少なくなり、効果的に風が通り抜けます。

②扇風機を上手に使う

出典 http://www.gettyimages.co.jp

扇風機をただ使うだけでは無く、色々と工夫をすることでより清涼感が増します

部屋の温度よりも外気の方が涼しくなっている場合は、窓際に扇風機を置き外気を部屋に取り込んでみましょう。やり方は簡単、扇風機を網戸ギリギリの位置に置き、反対向きの空気の流れが生じないよう窓を締め気味にすればOKです。

出典 http://www.greenspice2007.com

外から帰ってきて、家の中がムワッとするようなときは試してみましょう

凍らせたペットボトルを、扇風機の前に置きましょう。氷がとけていくときに周りの空気を冷やすので、扇風機から送られてくる空気が超!冷たくなります。

出典 https://enechange.jp

取り込む空気が冷たければ、送られてくる空気も冷たい!

無風の日は部屋から扇風機を外に向けてまわすと空気が動きます。2カ所の窓をあけ、風の通り道を造って、空気を出す方の窓の外へ向けてまわしましょう。
帰宅して部屋が蒸し暑いとき、先に強制的に扇風機で風通しをしてから冷房を使った方が節電効果は高くなります

出典 http://setsuden-lab.com

①に関連し、無風状態から風を通す時も扇風機は効果的です

③遮光カーテンやブラインドで日光をカット!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

夏は住宅の屋根、壁、窓、床などの各部位から熱が室内に伝わりますが、その約7割は窓からと言われています。つまり、窓からの熱をシャットダウンすれば室内は涼しくなります。

遮光カーテンは、光をさえぎることによって部屋が温まるのを防ぐだけでなく、エアコンの効きをよくするという効果もあります。

出典 http://iemo.jp

冷房効果を高める事で節電にもなります

④窓の外にすだれを吊り下げ、熱をカット!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

すだれを窓の外に取り付ける事で室内に入り込む手前で余計な熱をカットしてくれる効果があります。窓の外側に設置することで、窓ガラスが高熱になって室温を上げるのを防ぐことができます。

すだれは、基本的には屋外の軒下にぶら下げます。窓から10~15センチほど離して吊り下げるのが風通しが良くなるので効果が上がります

出典 http://renovation-chintai.com

⑤打ち水をして気化熱で地面の温度を下げる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

打ち水をすると、その水が蒸発する時に地面の熱を奪うため涼しくなります。たった1リットルの水を撒くだけでも580kcalの冷却効果があるとされています。

朝涼しい時間帯に打ち水をすると、すぐに蒸発することがないため午前中を涼しく過ごせます。

出典 https://enechange.jp

⑥保冷剤などでダイレクトに体を冷やす

出典 http://sakurairai.seesaa.net

保冷剤をわきの下や股関節など、大きい血管が通っているところにタオルに巻いて当てると、非常に涼しく感じます。

首の後ろと脇のした、太ももの付け根には太い動脈が通っていて、 保冷剤などででこの部分を冷やすと冷えた血液が全身に巡り、深部体温が下がります。

出典 http://setsuden-lab.com

肌に直接当てておくと、凍傷になる危険性もありますので、必ずタオルなどに包んで使用しましょう

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス