記事提供:mamaPRESS

みなさんは、子どもが何歳になったらお小遣いをあげますか?「まだ小さいからお金はもたせたくない」「親がしっかり管理しなくちゃ」と、先送りにしている人もいるかもしれません。みんなはどうしているのでしょう?

小学校低学年なら8割がもらっている。でも、『ときどき』が半数以上

金融広報委員会の調査によれば、小学生の低学年で8割程度の子がお小遣いをもらっていると回答しています。

でも、よくよくデータを見てみると、『ときどき』という頻度がもっとも多く、6割程度。しかも、金額の回答は100円が最も多いんです。どうやら、『おだちん』程度のようですね。

日本では、子どものお金の話をするのも、なんとなく『タブー』視されていますし、「子どもにお金を持たせるなんて…」という人も多いものです。

しかし、たとえばマネー教育先進国のアメリカでは、幼稚園のころからマネー教育プログラムが組まれており、幼児がお金について学ぶのは当たり前、という意識があります。本当に、子どもにお金を触らせないままで大丈夫なんでしょうか。

おだちん程度のお小遣いではなく、毎月決められた額をあげて、そのなかでやりくりしてもらうことで、子どもなりに学んでいくことも多いはず。マネー教育にお小遣いを利用するのもアリかもしれません!

お小遣いの金額は「年齢×400円」を目安にしてみる

実は、我が家の幼稚園年長児も、今ものすごくお金に興味をもっています。

「自分のお金を持ちたい」、「自分でお金を払いたい」というので、早いかもしれない、と思いつつ、最近お小遣い制を導入しました。

参考にしたのは、FPの岩下桂子さんの『かしこい子どもを育てるお小遣いトレーニング―お金のやりくりで生きる力が身につく』という本。

ここでは『年齢×400円』がお小遣いの目安として提示されていました。ウチの子の場合は、5歳なので2000円。「…多すぎじゃない?」と思うかもしれませんね。

実は、ここには子どもの洋服代や文房具代、上履きなどの消耗する学用品、家族で映画を見に行くときの代金なども含まれているんです。

ピアニカなど、消耗品ではない学用品も、半額は支払うことになっています。どうでしょう。意外と「自由になるお金は少ない」という印象ですよね。

そのほかにも、

・毎月寄付をする

・毎月貯蓄し、月末に残った分も貯金する

・月末には決算し、お小遣い帳を必ずつける

など、岩下さん独自のルールがあります。詳しく知りたかったら、ぜひ本を読んでみてくださいね。

岩下さんは『小学生1年生以降に導入する』ことを前提にしていますが、我が家は少し早めの年長から導入してみました。

そのため、まだわかっていないこともたくさんありますが、子どもなりに、徐々にお金の計算やお金の大切さを学んでいます。意外と失敗もありませんよ!

恐れずに、子どもとお金の話をしよう

お金について何も学んでこないまま、アルバイトを始めたり、社会人になったりしたら、どうなるでしょうか。

まとまった金額の報酬がもらえたことに舞い上がり、必要以上に散在してしまうかもしれません。物欲がおさえられなくなり、最悪の場合借金をふくらませてしまう…なんて人も、世の中には実際にたくさんいるものです。

子どもに数千円程度のお金を渡すことは、少し勇気がいります。でも、大人になってから大きな額を失うリスクを考えれば、今のうちに小さな失敗を積み重ねておいたほうが、いい経験になるかもしれません。

「無駄遣いしてしまった」。「お金が足りなくなってしまった」。そんな壁にぶち当たることもあるでしょう。でも、今ならその都度親がアドバイスしてあげることができますし、失敗してお金を失っても、額が知れていますよね。

今のうちにマネー教育を始めることで、しっかりとした金銭感覚やマネーセンスをもった大人になってくれるかもしれませんよ。

お小遣い制も検討しながら、怖がらずに子どもとお金について語ってみてはいかがでしょうか。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス