今日から夏休みが始まりましたね。夏休みの開始とともにNHKラジオ「夏休み子ども科学電話相談」も始まりました。

「夏休み子ども科学電話相談」は子供たちがその専門分野の先生方に日頃思っている分からないことや、疑問に思っていることを質問し、教えてもらう番組です。

しかし、子供たちの質問は時に予想しないものが出てきたりします。その質問に対する先生方の回答の仕方などを楽しむ人たちがたくさんいるようです。

回答する先生方の紹介

Twitterでトレンド入り

Twitterでは「#夏休み子ども科学電話相談」がトレンド入りするほど盛り上がっています。

子供からは予想もつかない質問が飛んできたりしますからね・・・。

幸先不安です・・・。

なぜ、地球に住んでいる?

素朴だけど深い質問。

これが先生の回答でした。これは比較的わかりやすかったのではないでしょうか。

昆虫の存在自体に疑問。

先生もタジタジ!?

高度な質問も飛び出す。

説明したくても・・・

先生ガンバレ!!

そして、難問がきた

これをわかりやすく5歳児に説明するのは非常に難しい。

酸性とか元素とかナトリウムとか言っちゃったら余計にわからないかと・・・。

子供の発想力は無限大

大人の頭では絶対に出てこない答え。

子供に教えるときの参考にも

放送初日からなかなか手ごわい質問が多かったようです。担当される先生方には頑張ってもらいたいですね。そして、子供たちは質問することによって生まれる新しい疑問に対して自分で調べ学ぶ楽しさを培っていってほしいですね。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス