2015夏、涼しさのキーワードは『アート』×『海洋生物』。

涼しげで美しいクラゲの姿や動きと光のテクノロジーとの融合は、ずーっとみていたい。

出典 http://ameblo.jp

のっぺりとしたエイの体をキャンバスにして描かれる、光の花園もすばらしい。

出典 http://ameblo.jp

風鈴、すだれ、浴衣。。。蒸し暑い日本の夏を快適に過ごすために、五感を駆使し涼やかさを工夫されてきたいにしえの人々の夏の生活。
中でも金魚鉢と金魚にみられるように、『水』や『魚』は、時代を超えて涼しさを感じさせる重要アイテムとなっているようです。

《新江ノ島水族館》が夜の3時間だけ幻想水族館に変身。

出典 http://ameblo.jp

この幻想水族館を体感できるのは、夜間の3時間だけ(17:00~20:00)。
期間は、2015年7月18日(土)~12月25日(金)まで。

《夜の水族館》て各所でいろいろな企画があり(お泊りなど)、いろいろ楽しみ方があると思うのですが。。。これはすばらしかったです。

海水浴場も近い《新江ノ島水族館》は、小田急線片瀬江ノ島駅より徒歩3分ほど。

出典 http://ameblo.jp

夏の涼:新アイテムは、"謎の球体"と"色とりどりの光"??

出典 http://ameblo.jp

プロジェクションマッピングの使い方、活かし方がすごい。

出典 http://ameblo.jp

この世界観には、ひきこまれてしまう。

出典 http://ameblo.jp

涼しげで美しいクラゲの姿や動きと光のテクノロジーとの融合は、ずーっとみていたい。

出典 http://ameblo.jp

自分の描いた(塗った)生物がスクリーンに映し出される、体験型のコーナーも。

出典 http://ameblo.jp

クラゲ、カメ、マグロなどのひな型が用意されていて、好きなように色塗りするだけ。
それをスタッフの方が読み込みしてくれると、間もなくスクリーンに登場。スクリーンをタッチすると海の生物たちが集合したり散らばったり。それぞれの生物ごとの動きも違っているし、観ていて楽しい。よく出来てます。

出典

光るオリジナルカクテルもあり。

出典 http://ameblo.jp

波の音を聴きながら、光る限定カクテルも♪アルコールもノンアルコールあり。
光っているのはプラスチック製ライト。お持ち帰りできます。部屋でもしばらく青い光を放っていました。

PR内覧会でこの企画に出会った筆者が、個人的にも大感動してしまった世界観です。
照明を駆使したクラゲやサメなどの大水槽のほか、昼の水族館でもおなじみのメンツの夜の過ごし方を見られるのも魅力的でした。
お子様連れはもちろん、日中はシラス丼やスパ、神社めぐりなどでゆるーく江ノ島を満喫し、夜は水族館でアートに涼むというオトナの夏プラン、いかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

桃色ポピー。 このユーザーの他の記事を見る

最優先の猫生活と、たまの旅行両立が人生のテーマ。しかも、ちょこっとだけ優雅に楽しく。 blog: http://ameblo.jp/momoiropoppy(桃色ポピー。~猫 美食 旅行記~) 猫、植物、美味しいもの、旅行記、上質コスメ、ハンドメイド、フィギア、デジモノなどなど綴っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス