バスケットゴールを使い、今まで、様々なトリックショットをYouTubeにアップしてきた“Kevin Libertowski”さんですが、今回アップした最新のトリックショット。これがあまりにも凄すぎると現在、海外を中心に話題となっています。

そのトリックショットとは、まず、バク転(後方空中回転)を行い、手に持っているボールをシュート。続いて、前転(前方空中回転)を行いながら、股に挟んでいたボールを手に持ち、続けざまにシュートするという、難易度MAXのスゴ技になります。

集中力を高める“Kevin”さん。そして…いよいよ挑戦が始まります。

まずはバク転(後方空中回転)によって放たれたボール。弾道は低いのですが、これも計算の内。

続いて、股に挟んでいたボールを…

前転(前方空中回転)を行う際に

持ち直し…

シュート!

なお、この神業。何が凄いって…

最初に放ったボールはワンバウンドでゴールを狙い、次に放ったボールはダイレクトでゴールを狙うという“一人時間差シュート”になっているところでして…

その結果、まるで吸い寄せられるように、ゴールへと飛んでいく2つのボールは、続けざまに…

ゴォォォオル!!!

では、奇跡としか言い様がないスーパーゴール。ご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエ!!!

普通にシュートしても滅多に入らないであろう距離。それを、2回の宙返りで、2個同時にゴールさせるとは…これぞ神業。奇跡のゴールと言っても過言ではないでしょう。

途方もない数の失敗を経て、見事に達成した究極のトリックショット!以上、『2回の宙返りで2個のボールを見事にバスケットゴールに入れる動画が凄すぎる!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス