ディズニーシーやランドでショウやパレードを待つことを『地蔵』と呼びますが、地蔵のお供はツイッターというゲストも多いはず。待ち時間が長いので、パケット通信量の制限がかかってしまったというツイートも良くみます。

私もiPhoneにしてツイッターを始めたら、月間のパケット量が2倍になってしまい、基本のプランを変更した上にパケット追加をしています。

私は緊急用に格安SIMも持っています。NTTコミュニケーションズのモバイルoneです。一番安いコースで、1日110MBという制限があり、超えると200kbpsに制限されますが、翌日には解除されますので、月末まで通信制限で苦しむことはありません。

iPhoneで差し替えて使うのも面倒なので、モバイルルーターを購入して、格安SIMを運用して見ました。SIMフリーのモバイルルーター MR04LN です。

早速このSIMをモバイルルーターに挿して使ってみたところ、1日の制限に達するまではサクサクと通信できました。110MBを超えると200kbpsに速度制限されますが、ベンチマークのアプリで測定したところ、もう少し速度が出ているようです。
下記スクリーンショットは都内で測定したときのものです。

モバイルone の200kbps規制中の測定値

出典 http://speed.rbbtoday.com

但し、この速度でツイッターの公式アプリを使用して画像のプレビューをONに設定した場合、画像読み込みで待たされる感じになります。画像のプレビューをOFFにした場合は、使用に関してストレス無く読めました。
ツイッターの公式アプリは、画像データを全て読み込んでからサムネイル表示をしているようです。その為、拡大表示しない画像のパケットまで無駄に通信しているように見えます。

そこで、サムネイルの画像を低解像度で取得していそうなアプリを探しました。
このついっぷるの動作を見ると、サムネイルで低解像度画像を取得し、タップして拡大表示するときに高解像度のデータを読みなおしているように見えます。
これだと、サムネイルで概要を見て、画像の詳細を見たいものだけパケット通信しなおすから、無駄なパケットが少なくなると考えられます。

これを電車通勤しながら使用して見ましたが、わりと画像待ちのストレス無く使えました。この格安SIMだけでも十分かもしれません。

しかし、画像のアップロードや動画再生をしてみたいという欲求もあります。
そこで、試しにU-mobileの使い放題コースのSIMも購入しました。

U-mobileの速度はあまり出ないというクチコミがありましたが、明日届くので、この連休中にパーク内の通信速度を測ってみます。

この記事を書いたユーザー

カイトマン このユーザーの他の記事を見る

ディズニーシーのカイトのファンで、ミシカの頃に撮影を始めました。
今は、年パスで毎週インしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス