大ヒット本「人生がときめく片付けの魔法」の著書

出典 https://twitter.com

少女のようなあどけなさが残る、可愛いらしい印象の女性。
執筆本の大ヒットでメディアに多数出演、一躍有名になった彼女は
片づけに悩める世の人を救うべく生まれてきたよう人なのです。

こんまりこと片づけコンサルタントの近藤麻理恵さん(30)が出産!一児の母に

出典 https://www.pakutaso.com

性別は女の子だそうです

著書『人生がときめく片づけの魔法』アメリカ版のミリオン突破と共に自身のブログで出産報告

私の著書『人生がときめく片づけの魔法』のアメリカ版『The
Life-Changing
Magic
of
Tidying

こんまりさんに起こった、とても嬉しい2大報告!

米TIME誌『世界で最も影響力のある100人』が今年4月に発表、作家の村上春樹さんとともに選ばれました。

先月のことですが、
TIME誌『最も影響力のある100人』記念パーティーのときの様子です。
(会場の手前にある、取材スペース。ここでいっぺんに取材を受けます)
(photo
by

約2か月前のTIME誌『最も影響力のある100人』記念パーティーでのショット
ゆったりとしたドレスに身を包んだこんまりさん

パーティー会場の様子です。
(円卓のディナー会場。席は決められています)
(カベには選出された100人の方のボードが。)
会場には、
同じく受賞された女優のエマ・ワトソンさんもいらしゃって、お写真をご一緒することができました。

世界の女優とのツーショットも素敵に決まっていますね

本屋の目立つところに選出のPOPと共に並ぶ書籍がならんでいます

海外では「kondo」を近藤さん流に片づける意味の動詞として使う人もいるというから驚きです

モノにあふれた片付かないお部屋を「ときめくか」「ときめかないか」という視点で
片づけにおいて選ぶ基準を提唱し、多くの片づけられない人々に片づけ方を伝え続ける
こんまりさんこと近藤麻理恵さん。

あどけない表情、可愛らしい声に相反し、ズバッと片付く「こんまり流お片付け」のポイントを厳しくも丁寧に伝授する姿は凛としたものをうかがわせます。

そんな「ときめく片づけの魔法」を見出した彼女は2014年に結婚。
こんまりさんのご主人ってどんな人なのでしょうか?

片付けコンサルタントとして大活躍のこんまり先生こと近藤麻理恵さんですが、実は2014年3月に結婚されていたようです。
こんまり先生の結婚については、メルマガで発表されたみたいですね。
お相手は、一般人男性で、大学生の時に知り合った方とのことです。
結婚相手の年齢等も分かりませんでしたが、こんまり先生の結婚相手はすごく料理が上手で、片付けもかなり出来る人のようです!

出典 http://osieteroom.com

そんな「こんまり流お片づけ」を施す彼女はすでに5歳で片づけに目覚めていた!

こんまり先生こと近藤麻理恵さんは、幼稚園年長の時から「オレンジページ」や「ESSE」といった主婦の雑誌を読むようなお子さんだったようです。
小学生の時には整理整頓係になったりと、小さい頃から「片付け」にかなり興味があったみたいですね。
そして、中学3年生の時にベストセラー「「捨てる!」技術」を読んで片付けに開眼して、本格的に片づけについて研究をして、大学2年生で片付けコンサルティング業を開始したそうです。

出典 http://osieteroom.com

片づけのために生まれてきたようなそんな彼女は
体調を崩した時、「片づけすぎが原因です」と言われたこともあったとか。

幼い頃から片づけの研究を続け、19歳の頃から片づけコンサルタントとして仕事をしてきた私の人生のテーマは、
「もっとたくさんの人が、片づけられるようになるためにはどうしたらいいだろう」ということでした。

出典 http://tokimeki-kataduke.com

そして「片づけで日本をときめかせる」と、こんまりさんは
2014年の「日本ときめき片づけ協会」を設立します。

「片付けで日本をときめかせる」

出典 http://tokimeki-kataduke.com

こんどう流お片づけの動詞「kondo」その極意のひとつは「片づけ祭り」

少しずつではなく「片づけ祭り」開催日を決めて、とにかく家じゅうに点在する同じアイテムを一か所に集める

そして、要・不要の判断はモノに触れて「ときめく」か「ときめかないか」で決まる

たくさんのモノに囲まれていても、「ときめくもの」は意外と少なかったり。
ときめかないモノは、感謝の気持ちを込めて手放します。

そして「ときめくもの」だけが残り、
「ときめくもの」ばかりに囲まれたあなた自身の「人生がときめく」のです。

世界が「kondo」という理由、それは「片づける姿勢に踏み込んだ処分方法が受けている。これまでの消費文明への反省もあり、物を擬人化して、感謝を込めて捨てる精神が受けている」

世界に受け入れられている理由を書籍の出版社はこう分析しています。

下着を「おブラ様」と呼び、こんまりさんは丁寧にモノを扱い、
ときめかないものには「今までありがとう」と感謝を気持ちを込めて手放します。

そんな彼女の熱く「ときめく」想いとは?

協会の理念は「片づけを通して日本をときめかせる」。そしてミッションは「片づけを終わらせて、ときめく毎日を過ごす人を増やす」ことです。

出典 http://tokimeki-kataduke.com

今や、日本だけにとどまらず、海外にまで片づけを通して「世界をもときめかせている」こんまりさん。

「私ごとですが、先日第一子を出産しました。新しい家族が増えてまだ慣れないことが多いですが、ときめきあふれる家庭を作っていきたいです。ちなみに子供は娘です。片づけ好きな子に育ってくれることを願って

出典 http://woman.infoseek.co.jp

一児の母となった彼女が新たに母としてのステージで「人生がときめくお片づけの魔法」を次世代に繋げるべく、ときめき続けるであろう彼女から、娘を持つ同じ母として筆者も目が離せません!

この記事を書いたユーザー

Emily このユーザーの他の記事を見る

整理収納アドバイザー。無印良品やIKEAを使った整理収納アイデア発信をメインとしたブログを運営しています。ブログ「くらしとこころの整理収納」http://ameblo.jp/cherry-vicky

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス