増える「屋内砂場」。その背景には…

砂場のある公園は減り、子どもたちが泥んこになって砂場遊びをする機会は少なくなっています。また、近頃は、放射能汚染への不安や、犬や猫の糞害、タバコのポイ捨てなどにより、公園の砂場で遊ばせることへ抵抗を持つ保護者も多いのだそう。そこで注目を集めているのが「屋内砂場」です。都内からアクセスの良い「屋内砂場」をご紹介します。

1. 浅草エキミセ(台東区)

東武スカイツリーライン「浅草駅」直結の商業施設「EKIMISE(エキミセ)」。その7階に7月15日から8月20日までの期間限定で、エキミセキッズパークという屋内砂場がオープンしています。

【料金】
子ども1人/30分ごと200円
保護者1人/30分ごと200円
※エキミセ(4~7階)店舗の1000円以上の買い物レシート提示で、1時間無料(当日に限る)

2. namcoクロスガーデン多摩店(多摩市)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

※写真はイメージです

京王線・小田急線・多摩モノレール「多摩センター駅」より徒歩5分。クレーンゲームやメダルゲームといったゲームが楽しめるゲームセンターを併設しています。広々とした抗菌砂場は大人も素足で利用することが定められています。一緒にはしゃいじゃいましょう!

【料金】
子ども(0歳~8歳)/10分ごと170円(税込) 
保護者/10分ごと170円(税込) 
※保護者は30分以降の延長料金は無料
※利用には保護者の同伴が必要です。

3. namcoラゾーナ川崎店(神奈川県川崎市)

出典 http://www.gettyimages.co.jp

※写真はイメージです

JR「川崎駅」西口直結の商業施設「ラゾーナ川崎」内にある屋内砂場。クロスガーデン多摩店同様、ゲームセンターを併設しています。

【料金】
子ども(0歳~8歳)/10分ごと170円(税込) 
保護者/10分ごと170円(税込) 
※保護者は30分以降の延長料金は無料
※利用には保護者の同伴が必要です。

子どものみ利用(利用年齢は3歳から8歳まで)
平日限定/30分 1020円(税込)
延長料金/10分 170円(税込)
※初回のみ入会金100円別途
※最長2時間半まで

4. ファンタジーキッズリゾート海老名(神奈川県海老名市)

小田急線「海老名駅」から徒歩3分、「ショッパーズ海老名」内にある施設です。広々とした抗菌砂場が人気を集めているほか、キッズレーシングエリアや、ふわふわ遊具エリアなど、子どもゴコロをくすぐる遊具がいっぱい。

【料金】
大人・子ども同一料金
タイムパック/1時間 430円(税込)
トワイライトパック/夕方から閉店まで 660円(税込)
ファンタジーパック/4時間まで 990円(税込)
※ファンタジーパックに+110円で時間無制限に

※初回利用時に一家族につき年会費315円(税込)が必要です。

5. アネビートリムパーク(東京都江東区)

ゆりかもめ「青海」駅直結、商業施設「ヴィーナスフォート」の1階にあるキッズ向け施設。厳密には砂場ではありませんが、水がなくてもギュギュッと押し込むだけで固まる特殊な砂を使って遊べるスペースがあります。施設には、人工芝の遊び場や、大きなトランポリンなど、乳幼児から小学生まで楽しく遊べる遊具がたくさんあります。

【料金】
子ども(6ヵ月~12歳)/最初の1時間 1200円(税別)
延長料金/15分 300円(税別)
大人/最初の1時間 1200円(税別)
※再入場不可

その他、お得な会員料金や回数券、フリーパスといった別の料金プランあり。

熱中症の心配もあるこのシーズン、屋内の砂場であれば、熱中症の心配もなく遊べて安心ですね。この夏は屋内砂場で、お子さんと一緒に思い切り砂場遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス