「大学生になったら出会いも増えて自然に彼女・彼氏ができるはず!」と思っている人も多いのでは? でも大学生を対象にしたアンケートでは、「彼女・彼氏がいる」という人は42.7%と半数以下という結果に…。確かに大学生になったら、出会いのチャンスは増えるかもしれないけど、やっぱり自分から積極的に動かなければ彼女・彼氏はなかなかできないというのが現実みたい。では、どうしたら大学で彼女・彼氏ができるんでしょう?

先輩大学生のみなさんに、ズバリ大学で彼女・彼氏を作るためのおすすめの方法について聞いてみました!

「部活動、サークルに入るか、授業で積極的に声をかけるなどで性別問わず友達をつくり、そこから輪を広げていく」(関西学院大学3年・女性)

「サークル活動を活発にする、またバイトなどで他大学の人と知り合う機会をつくる」(大阪大学3年・女性)

「色々なコミュニティに所属する、飲み会などの集まりに積極的に参加する」(明治大学3年・女性)

「とにかくいろいろと顔を出す」(早稲田大学3年・男性)

「いろんな人と友達になる、いろんな授業に積極的にでる」(神戸大学2年・女性)

「インカレのサークルに入ること。様々な大学から集まるサークルの方が交流も広がる」(南山大学3年・女性)

最も多かったのが、授業、部活、サークル、バイトなど様々な場所に顔を出して人間関係を広げるという方法。その際、「男女問わずいろいろな人と関わってみる」(法政大学3年・女性)、「誘われたら出来るだけ断らない」(慶應義塾大学3年・女性)といったこともポイントのよう。異性だけでなく同性とも幅広く付き合うことで、そこから知り合いを紹介してもらえたりすることも多いようなので、同性の友達との付き合いも大切にするといいようですね。

ほかにも、「留学や語学研修に行く」(早稲田大学3年・女性)、「同窓会に参加する」(関西大学3年・女性)のもおすすめとの声も! どこにどんな出会いがあるか分からないので、いろいろなことに積極的にチャンレジしたり、足を運んだりするのが彼女・彼氏を作る近道なのかもしれませんね。

続いて、気になる人ができた時のアプローチ法についても調査! みなさん、どんな方法で気持ちをアピールしているのでしょう?

「こちらからこまめに連絡する、何かイベントがあれば誘う」(大阪大学3年・女性)

「顔を合わせる機会を増やす。同じ授業を取るなど」(東京大学2年・女性)

「二人きりになるシチュエーションを積極的につくる」(大阪大学3年・女性)

「共通の趣味を見つけて、話題にする」(関西学院大学2年・女性)

「その人と会うときはいつもよりもすこし分かりやすくおしゃれをする」(同志社大学3年・女性)

「日常的なLINE等のやりとりで、少しずつ好意をみせる」(早稲田大学3年・女性)

自分から積極的に話しかけたり、飲みや遊びに誘ったりするという人が多いよう。また、その人の前では特に身だしなみに気を使ったり、連絡をマメに丁寧にするという声も目立ちました。その一方で、「ありのままでいい。嘘はすぐにバレる」(筑波大学3年・男性)、「ガツガツしないで、自然体で過ごす」(早稲田大学3年・女性)、など、あまり頑張り過ぎると逆に相手や周りに引かれてしまうので、やり過ぎ注意との声も!

そのほか、相手に自分をアピールするだけでなく、相手に好意を持ってもらうためには自分を高めることも大事とのアドバイスも続々。

「相手の好きなものをリサーチする」(九州大学3年・女性)

「身だしなみをきちんとする」(東北大学3年・男性)

「笑顔をたやさない」(京都大学3年・女性)

「自分に自信を持つことです」(中央大学3年・男性)

「メイクや髪型、服装に力を入れてみる。自分を磨く!」(慶應義塾大学3年・女性)

「この人!」と思える人に出会った際、相手に「いいな」と思ってもらえるように自分を磨いておくことも大切なんですね。ぜひ参考に!

アンケートデータ
※『大学に関するアンケート』インターネット調査
実施期間2015年03月27日(金) ~ 2015年03月31日(火)
有効回答数730人(男性340名、女性390名)

この記事を書いたユーザー

スタディサプリ放課後版! このユーザーの他の記事を見る

高校生ライフや大学受験に関するニュースやコラムを配信するサイトです。進路選びや大学受験を応援します。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス