記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
知っているようで知らない、「ヘルパンギーナ」。じつは、夏に猛威をふるう夏風邪の一種。ウイルスにもさまざまな種類があるとのことで、感染には要注意。今回は、今の時期にもっとも注意をしたいヘルパンギーナの原因と対策について、医師に伺いました。

なぜ、夏に流行するの?

ヘルパンギーナはウイルス性の病気ですが、その感染源となる種々のウイルス(主にコクサッキーウイルス)は夏場に猛威をふるう種なのです。特に、6〜8月が流行期間なので、まだまだ油断は禁物です。また、乳幼児(1歳)に多く感染するのが特徴でもあります。

主な症状は熱と喉の痛み

出典 http://www.gettyimages.co.jp

気になるその症状とは……、高熱(38度もこえる)と、のどの奥にできる水疱(みずぶくれ)。この水疱がやぶれた後にできる潰瘍には痛みが伴い、食事の度に患部が刺激されて痛みが増すので、飲食が低下しやすくなります。

残念ながら、特効薬がない……

出典 http://www.gettyimages.co.jp

特別なお薬はなく、対処療法(痛みを抑える薬、熱を下げる薬)で乗り切るしかないのが、この病気のツラいところ。特に注意が必要なのが、喉の痛みによる食欲低下。それによる脱水に、気をつけなくてはなりません。水分もとれないくらいに、痛む場合は点滴による水分補充が有効です。その場合は、すぐに病院を受診してください。

恐怖の感染経路

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ヘルパンギーナの主な感染経路は、糞口感染(接触感染を含む)飛沫感染(つばや咳)と言われています。糞口感染というのは、患児(すでにヘルパンギーナに感染している乳幼児)が手で自分の便をさわり、その便をどこかにつけてしまい、それに別の乳幼児(まだヘルパンギーナに感染していない)が触れてしまい、かつ手を口に入れてしまうことで感染することを意味しています。

ヘルパンギーナの予防法

第一に感染者との密接な接触をとらないようにすることが有効な策となります。
次いで、うがいや手洗いを日頃から徹底することで、感染しにくい環境をつくることも重要になります。



≪子育てで気付かぬうちに、心は疲れていませんか?≫
1分でできる「ココロのお疲れ度」チェック!

【医師からのアドバイス】

小さな子ども(5歳以下)に起こりやすい病気ですので、お子様がいらっしゃる家庭では、感染しないよう十分な注意が必要です。流行の季節には、特に手洗いを徹底するようにしましょう。もし感染した場合、お子様がぐったりしているような場合、また水分の摂取が難しい場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてください。

出典:夏に流行する、ヘルパンギーナをご存知ですか?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス